プロジェクト概要

 

※本プロジェクトへの寄附金は下関市への寄附として取り扱われます。

(詳細はページ下部「ご寄附の際の注意点について」をご覧ください)

 

※銀行振込でのご寄附について、注意点がございますので、銀行振込でのご寄附についてをご覧ください

 

本州最西端。海に開き、緑に抱かれ、美味が集う海峡都市・下関市。

 

その西部に位置し、緑豊かな山と海の幸が豊富な海からなる穏やかな風土で、様々な農産物の生産に大きな可能性を秘めている豊浦町川棚。

 

この地域の自然を守るオーガニック食材と、山地との関わりが希薄になった食卓とをつなぐ、収穫体験もできる、オーガニック食材産地への一番近い入り口になる直売所をオープンします!

 

ご寄附のお礼として、自慢のオーガニック食品など様々なものを用意しております。詳細はこちらをクリック

*お礼の品のお送りは、目標金額達成した場合のみとなります。

*目標金額に達しない場合は、寄附金は返金となります。

 

豊浦町の響灘沖合2kmに浮かぶ孤留島

 

 

「命濃い土壌が、命濃い野菜を作る」下関市豊浦町で、下関の自然にも人にも優しいオーガニックの野菜を作り続けてきました。

 

こんにちは。下関市豊浦町川棚で、ロハス農園を運営している中野芳男です。


下関市豊浦町は、山があって、田畑から海まで緩やかにつながる綺麗な川棚があり、生態系が豊かな地域です。私の母の実家が近所にあり、子どもの頃には長期休みの時によく遊びに行って、自然の中で過ごしていました。

 

豊かな自然・生態系が残るこの環境に悪影響を与えないように、10年前に早期退職をして、農薬や化学肥料、動物生堆肥の1次使用を止めた農業を始めました。

 

今では、有機JAS認証ほ場と有機的管理の農園約3ヘクタールで、さつまいもなど年間40種類のオーガニック野菜を栽培しています。

 

オーガニック野菜・農法についてのレクチャーの様子

 

 

調理された食材しか見ることがなく、本当の野菜の姿を知らない子ども達が増えています。

 

皆様は土の中にあるイモや、畑を真っ赤に染めるトマトが実っている現場をみたことはありますか?私が幼い頃、母型の実家に遊びに行った際には、畑に行き、その場で収穫した野菜にかじりついて食べたこともありました。

 

サツマイモの茎の収穫の様子

 

ですが、近年畑など農地は身近な存在ではなくなり、きゅうりが実っているのを見たことがないというお子様もいるそうです。

 

半分に切られるなど加工されて販売されていたり、調理されて出てくる姿ではない本当の野菜に触れる体験ができる場が必要だと感じました。

 

そこで、オーガニック食材が育つ現場と、家庭の食卓とをつなぐような、収穫体験ができる新鮮なオーガニック食材直売所をオープンします!

 

新鮮なオーガニック食材への入り口となります

 

 

本当の野菜づくりの場を体験できる、日常の食卓につながる直売所です!

 

弊社の向かいにあるパン工房キキ様、(株)日本フーズ様と提携し、オーガニック野菜、オーガニックベーカリー、無添加の農水産物加工品の直売所を、山口県下関市豊浦町川棚にオープンします。

 

直売所の魅力1 新鮮な旬のオーガニック食材

 

下関産のオーガニック食材を産地直送よりも早い、すぐそばの畑で採れたものを販売します。野菜は旬の野菜を主に生産していますので、その季節の一番美味しい野菜を、一番美味しいタイミングでお買い求めいただけます。

 

生産した野菜以外にも、下関の美味しいオーガニッック食材や、オーガニックパンなどもお求めいただけます。

 

旬の新鮮な食材をご提供します

 

 

直売所の魅力2 とれたて野菜の料理を提供するイートインコーナー

 

自慢のオーガニック食材で作るスープや、ご飯、おかずの品などを提供します。添加物が入っていない、小さなお子様でも安心して召し上がっていただける料理です。

 

お母さんが、ご家庭でも作れるような料理で、食卓とつなげていきます。

 

オーガニックの食事をご提供します

 

 

直売所の魅力3 野菜が育つ現場に触れ合える農地

 

すぐそばにある農地で、収穫体験と貸し農園を行います。植えて、世話をして、実った野菜を収穫をして家族で食べる。そんな今では珍しくなった体験をしていただける場です。

 

育て方のレクチャーなども随時行います。

 

お子様にとっても収穫体験は貴重な体験となります

 

 

【今後のスケジュールイメージ】

平成30年10月:オーガニックベーカリースタート(パン工房との連携)

平成30年11月:農産物直売所スタート(ロハス農園直売所)

平成30年12月:直売所内にイートインコーナーオープン(直売所内のcafeコーナー)

平成31年1月:web上に貸し農園、収穫体験ツアーの募集開始

平成31年2月:貸し農園のための有機農業セミナーの開始

平成31年3月:地元農家・各産品製造者との生産計画実行

平成31年4月:畑作業の研修31年5月貸し農園播種、定植研修、有機農園収穫体験ツアー

 

 

「安心安全な野菜を畑から直接食卓へ届けたい」「下関に自然農法(有機JAS認証野菜)を広めたい」

 

ロハス農園は、うちの農場よりも山上には何もないくらい里山の上にあります。つまり、オーガニックに良くないものが水や風で運ばれてくることもない良い環境です。

 

地元の方にも、生態系が豊かであるということ知っていただき、今の世の中で、こういった場が求められていることを実証したいと考えています。


日頃から応援してくださる皆様へ。こだわりを持った野菜を作り続けられているのは、皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

 

この直売所ができることで、下関自慢のオーガニック食材を、より皆様に近い場所から提供できるようになります。安心安全な食がより身近になるように、みなさまのお力を貸してください。

 

皆様の応援、お願いいたします!

 

 

 

ご寄附いただいた方へのリターンの一部をご紹介いたします。


・こだわりのオーガニック食材 お試し便

まずは少し試して見たいという方向けのセットをお送りいたします。

 

・こだわりのオーガニック食材 しっかり便

ご満足いただけるオーガニック食材の詰め合わせをお送りいたします。

 

・こだわりのオーガニック食材 定期便

毎月こだわり食材をお届けいたします。

 

 

・サポーターとして直売所にお名前を掲示(個人のみ)

寄附者様として、お名前を掲示いたします。ぜひご覧にいらしてください。

 

・直売所オープン記念イベントにご招待
クラウドファンディングの寄附者様、関係者だけを招き懇親会のようなイメージで開催します。

 

・収穫体験 収穫体験の際、自慢のオーガニック食材で作った食事をご提供します


・貸し農園を5ヶ月ご利用いただける権利

 

・オーガニック野菜の育て方をいらっしゃる度にレクチャーします


 

【法人様向け】

・ホームページに企業様のサイトのリンクを設置します


・店内に企業さま等のパンフレット等を展示します

 

・企業福利厚生プログラム

2泊3日コースの旅館滞在、収穫体験、新入社員研修プラグラムを検討中の企業さま担当者2名さま、川棚温泉での社員研修に有機農業体験を企画させて頂きます。

 

 

 

  

ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除される制度です。(一定の上限※1があります。)

(詳細は、総務省HP 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/about.html を参照)

 

税金控除を受けるためには、原則、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行っていただく必要があります。

 

ただし、確定申告が必要でない給与所得者等であり、1年間のふるさと納税の寄附先が5自治体以内の方は「ワンストップ特例制度」の適用を受けることにより確定申告の手続きが不要となります。

 

 ワンストップ特例制度を受ける方は、寄附をした年の翌年1月10日までにワンストップ特例申請書を下関市に提出してください。

 

 寄附をいただいたすべての方に下関市から寄附金受領書を送付しますので、確定申告を行う場合は、確定申告書に添付の上、所轄の税務署へ提出してください。

 

 寄附申込みの際にワンストップ特例申請を希望された方は、下関市ホームページ

http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1540345570709/)から「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」をダウンロードし、必要事項を記入、確認、押印し、本人証明書類を添付の上、郵送してください。申請書の郵送を希望される方は、下関市までお問合せください。
<注意点>
※1 寄附をした方の給与収入や家族構成などに応じた控除額の上限がありますのでご注意ください。(詳細は総務省HP

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html
を参照)

 

 

 

銀行振込(市指定金融機関、ゆうちょ銀行、郵便局)を希望される方は、12月7日(金)17時までに、「寄附申込書」に必要事項をご記入の上、下記送付先にFAXしてください。後日、市から納付書を送付します。

 

※銀行振込(市指定金融機関、ゆうちょ銀行、郵便局)の場合は、振込の確認に時間を要するため、12月14日(金)17時までにお振込みください。12月14日(金)17時までに振込みできない場合は、寄附金として受領できませんのであらかじめご了承ください。

 

申込書の送付先、寄附に関するお問い合わせ
下関市産業振興部産業振興課
TEL 083-231-1265
Fax 083-235-0910

 

〇注意事項について
※法人が寄附していただいた場合は、寄附金額の全額または一定の限度額まで損金に算入できます。(詳細は国税庁HP https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/04_3.htm を参照)
※誠に恐れ入りますが、目標金額達成後、災害等何らかの理由により事業が実施できなくなった場合は、本市の地域振興に資する事業に活用させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※頂きました個人情報は、下関市より認定事業者へ提供させていただきます。

 

 


最新の新着情報