プロジェクト概要

今年もやります!ロメオパラディッソ第3回公演を6月13,14日に福島で開催!今回の題材は『銀河鉄道の夜』!

 

皆さんこんにちは!ロメオパラディッソのリーダーを努めています山本一成と申します。僕たちロメオパラディッソは、震災をきっかけに「ふくしまに 100年続く 文化を創る」というコンセプトを掲げ、2013年4月に発足しました。震災後の福島をエンターテインメントを通じて盛り上げようと集まった男たちだけの団体です。メンバー、スタッフは全て男性。下は高校生から上は30代の父親まで幅広い年齢層から、主に社会人ミュージシャン、ダンサー、役者など様々な分野の人間が集まり、みんなで時間を合わせ週に3回ダンスや歌、芝居の稽古を行い、週末は各方面から依頼を受けイベントに出演するなど、福島には「スゲェー!」男達がいるんだと知ってもらえるように活動を行っております。

 

第1回、第2回に引き続き、今回も皆様にご協力をお願いしたいです。過去最高の公演を作り上げるために、応援お願いします!

 

(練習の風景)

 

 

READYFORを通じて第3回公演を開催したい!


2013年11月福島市公会堂で旗揚げ公演を行い、そこから2公演、READYFORを通じて多大なるご協力をいただきましたこと大変感謝しております。

 

団体発足から約1年の間に2回の公演を行ってきましたが、どちらの公演も沢山のお客さまに足を運んでいただけましたこと、本当に嬉しく思っています。この場を借り、改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

(前回のプロジェクトについてはこちらからどうぞ)

 

(前回の公演の様子)

 

そして今年2015年は、6月13日と14日に【ロメオパラディッソ3rd】を行うことを決定いたしました!福島市教育会館で全3回公演です。今回はロメオパラディッソ3rdの成功に向けて、皆様の力強いご支援をお願い申し上げます。

 

旗揚げ公演と第2回公演では、現在福島の第一線で活躍されている地元企業、賛同者、メディア関係者などの方々に大きく支えていただき公演を行ってきました。

 

しかしその後、メンバー全員で話し合いを重ね、「もっと自分たちのチカラを出して盛り上げていく集団になろう!」と考え、今回からはキャスト達が中心となり、企画、運営、舞台の構築まで自分たちでやるという答えに辿り着きました。これまで舞台など作った事のない男達が、自分たちの力だけで舞台をつくりあげようと考え運営して行く事は、想像以上に難しい事でした。何度も話し合い、何度も躓き、旗揚げ公演の時からすると、現在ロメオに残ったメンバーは半数になってしまいました。

 

 

情けない話、ロメオパラディッソ運営状況は非常に厳しく、本来ならば公演を行うこと自体が無謀な状況です。後ろ盾を持たず、自分たちのチカラでどうやって第3回公演を行えば良いのか、毎日毎日メンバーたちと話し合っています。

 

それでも何故、ぼくたちは舞台をやりたいと思ったのか…。それは、冒頭にもあるように「ふくしまに 100年続く 文化を創る!」という、この気持ちしか持っていないからです。

 

震災から丸4年が経ちましたが、今もなお原発事故をはじめとする問題や影響が続いています。当初に比べるとそのイメージはだいぶ払拭されていますが、福島全体に元気がないというのが正直なところです。

では、誰が元気にしてくれるのか?
時間が解決してくれるのか?
それを待っていていいのか?
小さいチカラでしかない。そんな事は分かっています。
でも動かなければ何も変わらない。それなら僕たちが今すぐ動く!

 

日本はもちろん、世界全体にふくしまに良い印象を持ってもらいたい。ふくしまにはロメオパラディッソという福島の「名物」集団がいるということを知ってほしい。

 

旗揚げ公演で誓った100年続く福島のエンターテインメントの基盤は、まだ作り始めたばかり。僕たちがいま止まってしまっては、ロメオという小さい芽が枯れてしまう事になります。まずは自分たちから。持てる力を全て出し切って、【ロメオパラディッソ3rd】を成功させたい。そんな覚悟を持ったロメオたちが14名集いました。


100年という数字はとてつもなく大きな数字です。まだ3年目が経ったばかりです。僕たちはここで終わるつもりはありません。その決意をこの【ロメオパラディッソ3rd】を行うという形にさせていただきました。作品は過去最高のモノを作りあげる覚悟は出来ています!!

 

 

 

ロメオパラディッソ3rdの演目は!あの超有名童話作品『銀河鉄道の夜』!ロメオパラディッソ×銀河鉄道の夜=!?!?!?

 

メインタイトルを「ねむれ銀河」と題し、今回も脚本・演出はロメオパラディッソ1st. 2nd.に引き続き、大信ペリカン(劇団シア・トリエ代表 ex.満塁鳥王一座)が担当します。


夢の中、僕たちは銀河の星の一つずつ!
ケンタウル祭の夜。
幼なじみのジョバンニとカムパネルラは銀河鉄道に飛び乗った。
二人を乗せた列車は、星をすり抜け、ごとごとごとごと。
宇宙のどこかにあるという「ほんとうのさいわい」に向かって・・・
「カムパネルラ、僕たち一緒に行こうねぇ」

 

 

原作にてカムパネルラが「ほんとうにいいこと」という言葉を発しています。
この言葉の解釈の仕方は人それぞれですが、僕的な解釈では、この部分は一人一人の中にある【幸せ】【信念】なんじゃないかと考えています。自分の幸せや信念を表現出来る場所がロメオにはあります。ここで出会った仲間たちから刺激を受け、洗練され、福島を想う気持ちはより確固たるものとなっていきます。

 

この第3回公演のために書き下ろされた新曲「STARDUST」で、ロメオの熱い想いは一気に福島から世界中へ解き放たれます。1期生・2期生に、様々な志を持った3期生となる新キャストを加えたロメオパラディッソによるエンターテインメント音楽劇。宮沢賢治の不朽の名作「銀河鉄道の夜」をモチーフに贈る【ロメオパラディッソ3rd】に、乞うご期待!


今回の舞台総制作費は200万円の見込みですが、今回はそのうちの50万円を集めたいと思っております。その他、本公演にかかる費用は、キャスト負担金、協賛金、チケット代などで運営されます。どうか費用の一部を支援していただけないでしょうか?

 

 

 

■公演詳細

 

LOMEO PARADISO 3rd
『ねむれ銀河』(宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より)

日時:6月13日(土)
    昼の部 開場/12:30
        開演/13:00
    夜の部 開場/17:30
        開演/18:00
   6月14日(日)
    昼の部 開場/12:30
        開演/13:00
場所:福島県教育会館 大ホール
    (〒960-8534 福島県福島市上浜町10-38)
入場券:一般前売り/¥3,000
    学生前売り/¥2,500
座席:全席自由席(620席)
チケット販売/【LOMEO SHOP】http://lomeoshop.base.ec/
       【LOMEO 場AR】http://goo.gl/hTVo03
         またはお知り合いのキャストから
主催:NPO法人ふくしま新文化創造委員会
   福島県福島市渡利字天神27-17ロケットビル
   TEL:024-502-4530

 

 

■引換券について

 

・公演チケット

(第1公演〜第3公演のいずれか1公演をご指定ください)
・オリジナルステッカー2種

 

・3rdキャスト集合写真

・オリジナルコースター

 

・オリジナルTシャツ1枚

 フリーサイズ(メンズMサイズ相当)


・オリジナルタオル1枚

 

・オリジナルクリアファイル
・3rdキャストサイン入りポスター
・オリジナル缶バッジ

・スペシャルCD(満ちてく月/スゲェー!)
・本公演DVD

 

 

 

 


最新の新着情報