富岡まち繰るみ舎の 入山寛之 です。

昭和44年生まれ 50才です。

 

富岡の宮本町商店街の洋品店「いりやま」の長男として生まれ、

大学卒業後サラリーマンを5年経験したのち実家の後継者として

平成10年から富岡で働き始めました。

 

富岡に元気にしよう!が合言葉の富岡げんき塾

笑顔あふれる富岡にしよう!がテーマのスマイル富岡(スマとみ)

という地域づくりの活動にも深く楽しく関わっています。

富岡の特徴は、とにかくコミュニティが小さい!

これをプラスと考えれば、コンパクトでまとまりが良い、

集まりやすい、みんな知り合い ()

私自身、仕事もなにかしら地域の活動とリンクしているし

地域の活動も 仕事との境目が良く分からない。

 

 そんな富岡の一番好きなところは

「富岡の人」「人の良さ・あたたかさ」です。

 

 土屋魚店たかしくん、コジロウしょうちゃん・ゆかこさん、

イルピーノのとしくん&みさきさん! 朝日屋おーちゃん・みつるくん、

新洋亭のかずこさん、花の彩花あいくん、プロヴァンスのみち子さん、

おやきのいとのあやこさん&あきなちゃん、新聞屋さんの岡田くん、

時計屋さんのようこさん、絹のヒロインまえはらさん、

ロスタイムのあけみさん、靴屋の中野さん、丸沢金物あきらさん

 

 

うーん商店街の笑顔の素敵な方々あげるだけでも

だーっとこんなにいるのです(本当はもっといますけどね~笑)

 

 普段から挨拶したり、地域のイベントで協力したり、飲みに行ったり・・・

家族や仕事のつながり以外の地域の繋がりが、

私の日常をとても楽しく豊かにしてくれています。

 

 今回 まちやど設立を決心したのは、

この地域の繋がりを この地域の笑顔の人たちを

ぜひとも多くの人たちに経験してもらいたい。

富岡の日常に入り込み その中にいる人と、人の温もりを感じてほしい!

そしてそんな皆さんと、私はつながりたい

夜みんなと乾杯したい!

そんな気持ちからなのです。

 

そして、私たちの日常に共感してくれる人が現れることで、

富岡の人たちのモチベーション(やりがい、いきがい、居場所)が

アップすれば更にうれしいなぁ!

 

富岡の日常を、宿泊する方々が楽しむ共感する。

 地元の人たちのモチベーションがあがる、豊かになる。

  喜ばれれば更に、何かしてあげたくなっちゃう。

   空き家が少しづつ うまっていく。

    つながりや暮らしの豊かさを求める人たちが集まる。

富岡という地域が 自発的に活性化し豊かになっていく。

 

「富岡」と「富岡の人」が好きな人達が、じわじわと増えていく

そのことで、生きがい&やりがいを持つ市民が増えていく。

 

まちやどを起点に、そんな動きをおこしたいのです。

 

共感いただく方がいるならば 是非ともに歩いていきたい!

 

欲しい未来は自分でつくる!

 

共感してくれるみんなと一緒にね!

 

  

 

新着情報一覧へ