READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

マドレキャラバン2018 未来のインストラクター発掘の旅

吉岡マコ(認定NPO法人マドレボニータ代表)

吉岡マコ(認定NPO法人マドレボニータ代表)

マドレキャラバン2018 未来のインストラクター発掘の旅

支援総額

2,519,500

目標金額 2,000,000円

支援者
295人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2018年03月04日 01:41

5週間くらいアメリカに行きます。

 

スタートから3日。本当にたくさんの瞬発力ある応援ありがとうございます。ご寄付とともにいただくメッセージがどれも熱くて感動してしまって、コメントを書きすぎています

 

このクラウドファンディングを準備しながら、同時進行で頑張っていたことがあります。それは、Japanese Women’s Leadership Initiativeという社会変革をおこす女性のリーダーシップを育てるプログラムへの応募でした。600ワードの英語の小論文や英語の履歴書を送り、一次審査を通過した後は英語の面接、そしてこのクラウドファンディングのページがオープンする2日前に合格の知らせがきて、〆切がタイトな宿題が同時に出たりして、てんてこ舞いでした。

 

今年は過去最多の応募があったそうですが、その狭き門に光栄ながら12期生として参加させてもらえる6人の一人に選ばれ、4月なかばより5週間くらいアメリカに行きます。今日はそのオリエンでした。あっという間の9時間。

 

ボストンでNPOの視察やアクションプランの作成、英語でのプレゼンテーションの練習、そしてたくさんの発表の機会、1週間の集中コース@Babson大学などインテンシブなプログラムです。この贅沢な学びを現場に、そして社会に、還元できるよう、頑張ります。

 

今回の応募に当たって作成した600ワードの小論文を以下ペーストします。

Empowering every woman after childbirth
by forming a social infrastructure of postpartum care in Japan

My name is Maco Yoshioka. I am the founder and the CEO of MadreBonita dedicated to support the mental & physical health of new mothers. MadreBonita not only provides fitness programs for women after childbirth but also focuses on researches and raising awareness on postpartum care. The effect of the program ranges from benefiting their mental and physical heath, encouraging them return to the workforce to reducing relationship stresses and helping build a good partnership in their marriage.

I started MadreBonita in 1998, then established the nonprofit organization in 2008 with other instructors I trained and trusted. Last November we finally gained the status of “Certified Nonprofit Organization” which only 2% of nonprofit organizations have obtained with way more stringent criteria. Our vision is for Japan to be a society that values and supports the importance of postpartum health.

I first developed a program three months after I gave birth to my son in 1998 when I was a graduate student studying sports science. I was always curious about the human body and its correlation with mind. Pregnancy was the most exciting thing that ever happened to me in terms of my curiosity. Soon after that however I faced the harsh reality. People’s attention was on the baby with congratulatory manner and they never notice mother’s pain and fatigue caused by delivery and sleepless nights after that. The experience is so painful that mothers are not willing to talk about it. This is how the serious postpartum issue had been hidden and overlooked.

Lack of postpartum care leads to many serious problems such as postpartum depression, relationship stress, child abuse, fewer women re-entering the workforce and falling birth rates. If parents get ready not only for the babies but also for their own wellness, and if people have more understanding for postpartum health, they can prevent these problems and it can get much easier and more enjoyable to start a family.

My experience led me to start a postpartum program. If there is none then why don't I create one? The first participants came to me saying this class saved their lives, not only themselves but also their babies and husbands. Some even referred to the class as a life-changing experience. I was convinced by then empowering mothers at this very critical period benefits the whole family.

I made MadreBonita out of nothing 19 years ago. It grew into one of a flourishing movement of expanding postpartum care in Japan. We currently have 300 support members, 300 volunteers, 10 staff members, and 28 trainers. 60 classes are held in 16 prefectures. Over 50,000 mothers participated for the past decade.

Even though we’ve worked hard so far, we are not satisfied at all. Our next ambition is to make postpartum care more accessible. We want to form a social infrastructure that enables every family to get the opportunity to learn and practice postpartum care to regain physical strength and mental stability. I am sure it will enhance their quality of life and enable them to live their lives positively.

I apply for JWLI because I’d like to draw a more explicit roadmap to realize this vision. I now recognize my role as a leader is not only to manage the organization but to “inspire” people by sharing my vision, a society better than the existing one, and trying to fill a gap by taking actions. I truly believe citizens, industries and the government can come together to form a social infrastructure of postpartum care in Japan.

 

一覧に戻る

リターン

3,500

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全額寄付コース(寄付控除対象)3500円

||リターンなしの全額寄付。
*団体から領収書を発行いたします。

-----
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので、それをもって確定申告の時に、税額控除を受けることができます。税額控除額は(年間の寄付金額-2,000円)× 40%となります。リターンはいらないけど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方はぜひお願いします。
(写真は東京都から認定NPO法人の認定証を受け取った日に都庁前で撮ったものです)

支援者
156人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

7,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【復活】幻の『Bonita通信』最新号をプレゼント

マドレボニータを始めたばかりの頃、チラシよりもパワフルな広報ツールとして手作りしていた手書き(手描き)のニュースレター『BONITA通信』がありました。団体の広報体制ができてからは、休刊状態でしたが、この機会に、最新号(50号)を制作します。2018年6月に皆様のお手元にお届けいたします。

支援者
20人
在庫数
278
発送予定
2018年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全額寄付コース(寄付控除対象)10000円

||リターンなしの全額寄付。
*団体から領収書を発行いたします。

------
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので、それをもって確定申告の時に、税額控除を受けることができます。税額控除額は(年間の寄付金額-2,000円)の 40%となります。リターンはいらないけど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方、ぜひお願いします。1万円ご寄付いただいた場合、税額控除額は(寄付金額10,000円-2,000円)× 0.4 = 3,200円です。払うはずだった税金3,200円をマドレボニータに直接渡せる、つまり税金の投入先を自分で選べるという仕組みです。
(写真は東京都庁で認定NPO法人の認定証を受け取ったその瞬間です。お顔はNGだけど手元だけならと撮影を許可してくださいました)

支援者
72人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

幻の『Bonita通信』バックナンバーと最新号をプレゼント

『BONITA通信』のバックナンバーがわずかながら残っています。10年以上前のレアなものです。最新号と一緒にお届けします。数が限られていますので、お早めに。

支援者
25人
在庫数
完売
発送予定
2018年6月

15,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

幻の『Bonita通信』最新号にお名前とメッセージを記載+バックナンバープレゼント

|| 復活します『Bonita通信』最新号に、お名前、メッセージを記載いたします。

*メッセージをお寄せくださる方は、お名前、肩書き(任意)と、メッセージを100文字以内でお送りください。(メッセージの有無は任意です。お名前だけでも結構です)
*2018年6月に、最新号1部とバックナンバー1部をセットでお送りいたします。

支援者
11人
在庫数
19
発送予定
2018年6月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

幻の『Bonita通信』最新号にお名前とメッセージを記載+バックナンバープレゼント幻のBonita通信バックナンバーと最新号をプレゼント

|| 復活します『Bonita通信』最新号に、お名前とメッセージを記載いたします。

*メッセージをお寄せくださる方は、お名前、肩書き(任意)と、メッセージを400文字以内でお送りください。(メッセージの有無は任意です。お名前だけでも結構です)この機会にマドレボニータにまつわる熱いエッセイお待ちしております。
*2018年6月に、最新号10部とバックナンバー1部をセットでお送りいたします。

------
※掲載にあたり個別にご連絡させていただきます。
※広告や宣伝目的の寄稿はご遠慮ください。

支援者
2人
在庫数
3
発送予定
2018年6月

35,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

全額寄付コース(寄付控除対象)35000円

リターンなしの全額寄付。昨年12月20日に故人となったマドレボニータのアドバイザリーボードメンバーの大澤さんを偲ぶコースです。もし大澤さんが生きていたらきっとこのリターンを設定するようアドバイスしてくれたと思います。膵臓癌で闘病中だった昨年中も、マドレボニータの認定NPO法人ステータスの取得に向けて、様々なお力添えをくださった大澤さんを偲んで、このコースを設定します。(写真は、大澤さんが亡くなるちょうど1年前、膵臓癌ステージⅣとの検査結果と今後の治療方針についての報せを聞いた2016年12月19日にご自宅近くの商店街で撮ったもの)

団体から領収書を発行いたします。それをもって確定申告の時に、税額控除を受けることができます。税額控除額は(年間の寄付金額-2,000円)× 40%となります。リターンはいらないけど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方はぜひお願いします。産後にちなんで3万5千円ご寄付いただいた場合、税額控除額は(寄付金額35,000円-2,000円)× 0.4 = 13,200です。払うはずだった税金13,200円をマドレボニータに直接渡せる、つまり税金の投入先を自分で選べるという仕組みです。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年6月

150,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

マドレボニータのスタッフがお伺いしてお話します

多地域展開、リモートワーク組織運営、ボランティアマネジメント、人材育成、などマドレボニータの知見をシェアします。

*お話60分+質疑応答30分。遠方の場合は交通費別途。

支援者
1人
在庫数
4
発送予定
2018年7月

300,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

リモートワーク組織運営相談90分 × 2回

マドレボニータの事務局長はアメリカ在住、他にもスタッフは東京だけでなく、滋賀県、奈良県、大阪府、長野県など、居住地はバラバラです。遠隔で仕事を行いながら、団結力を持って一つの団体を運営するノウハウを蓄積して来たマドレボニータのスタッフが運営の相談に乗ります。
(写真は全国のインストラクターとスタッフがオンラインで集まる月例報告会の様子です)

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2018年7月

500,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

吉岡マコプライベートレッスン60〜90分+α

バランスボール、筋トレ、ストレッチ、セルフケア、ダンス、ご希望に合わせてオリジナルのメニューを作ってレッスンをいたします。自律神経を整える呼吸法、肩こりのセルフケア、骨格調整など、レッスンが終わった後も自宅やオフィスでセルフケアできる方法も伝授します。
※人数について:バランスボールを使う場合は8人まで。使わない場合は何人でも結構です。
※遠方の場合は交通費別途となります
※アシスタントが同行します。

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2018年7月

500,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

吉岡マコ講演会お好きな場所で開催

創業20年、法人設立10年の経験から、講演会、相談会などのニーズにお応えします。準備、講演会、相談会、懇親会まで、半日おつきあいします。0を1にする。1を100にする。リーダーシップ開発。エンパワメント。人が力を発揮することについて。半径50センチを掘り下げること。スケールアウトとクオリティ。コミュニテイ創造論。コミュニテイ生成論。などなどテーマはご相談に乗ります。

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2018年6月

500,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

産褥ヘルプ導入相談マニュアル他ツール提供+相談)60分×2回

マドレボニータでは、出産直後の8週間(産褥期)を、家族だけでなく、みんなで支えようということを提唱しています。
「落ち着いたら遊びに行くね」ではなく、落ち着かない今だからこそお手伝いに行くね!でも個別にやり取りするのは大変だから、お手伝いのシフトを組もう!」というような取り組みです。これによって孤独になりがちな産後が、たくさんのお節介と愛情に支えられた豊かなものになります。

とはいえ、そんな、うちにきてもらうなんて申し訳ないとか、パートナーにはどう説明すればいいのか、、、などハードルが高いという声もよく聞きます。

マドレボニータでは、蓄積された知見やツールがあるので、どんな準備をしたら良いのか、どういう心構えが必要か、どんな人に関わってもらうか、コミュニケーションはどうすればいいのか、などご相談に乗ります。すでにあるマニュアルなどのツールもご提供します。

これから出産を迎えるカップル対象です。(できるだけカップルで一緒に参加することをおすすめします)

支援者
0人
在庫数
2
発送予定
2018年6月

プロジェクトの相談をする