【残り2日】私たちのチャレンジを応援してください!

 

数あるプロジェクトの中から、私たち「ママのお助けコンシェルジュの販促グッズを作りたい」のページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

現在、私たちが本気で取り組んで挑戦中のこのプロジェクト、残り挑戦時間が45時間を切ってしまいました。【12月14日(日)午後11:00までです。】

 

先の新着情報で、私たちの団体が行っている活動をいくつかあげましたが、団体が掲げる「”うちの子”だけじゃない、”みんなの子”をみんなで育てたい」という想いを自分たちの手で形にしたのが、この「ママのお助けコンシェルジュ」です。

 

サービスをスタートさせてから約一年半。

活動している中で、感じたことがありました。

 

登録者も徐々に増え、利用者の中にはリピーターさんも出てきた。

その一方で、私たちの団体が運営している地域子育て支援センターや子育てサロンを頻繁に利用してくれている人たちにさえ、サービスの存在が浸透していない・・・。

 

という矛盾です。

 

つまり私たちが目指している「地域で子育てを支えあコミュニティづくり」を実現するためには、「このサービスを利用しやすいやすいものとして機能させる」だけでなく、「手助けを必要としている人のもとへ、私たちのことを知らせる」ことも絶対に大切で、その両方を考えて活動していく必要がある、と強く感じたのです。

 

手助けを必要とする人たちに、コンシェルジュのサービスを届けるためには、もっともっとたくさんのママに、私たちの存在を知らせなくては、始まりません。

 

そのために必要不可欠なツールとして、新しいパンフレットを製作したり、ユーザーさんが一目で「コンシェルジュ」とわかるようロゴの入った販促品を作ったりしたいと思っています。

 

【販促品の一例】

ここに挙げるグッズは、実際に同行・付き添いサービスをする際に、コンシェルジュスタッフが着用するもの、サービス登録者へお渡ししたいと考えている販促品等のの一例です。

ちなみにトートバッグはコンシェルジュが利用者さんのところへお伺いする際の七つ道具を入れるためのものとして考えています。(現状は、共通のカバンなどもなく、スタッフ個人が私物持ち出しで対応しているのです・・・。)

たくさんの方々の温かい支援のもと、目標額の27万5000円に対し、6万3000円のご支援をいただいており、少しずつですが、「ママのお助けコンシェルジュ」の活動が拡がっている手ごたえを感じることができています。

 

しかし!!

あと、21万円が不足しています!!

 

たくさんの方からの応援と期待のお声をいただき、改めて「本当に実現しなければ」という想いが一層強まっています。

 

このプロジェクトは販促グッズの製作とその利用により、よりたくさんの方に「ママのお助けコンシェルジュ」を知ってもらい、最終的には一人でも多くの親子の笑顔を増やす手助けをしたい!という目標を持っています。

 

 

★★★ 共感してくださっている皆様へ ★★★

 

寄付だけでなく、フェイスブックでのシェア、応援メッセージの発信等、様々なカタチでのご支援をお願いします。

 

「頑張れ」の一言だけでも、チカラをいただけます。

 

どうか、チカラを分けてください!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ