プロジェクト概要

福井県福井市の交通安全マスコットまもりーねが、
交通安全教室やイベントで交通安全をPRし、交通安全教育を活性化します

 

はじめまして、福井市役所 地域交通課です。私たちは日々交通安全教室をしたり、交通安全のイベントや街頭広報活動を通して交通安全を呼びかけています。

 

まもりーねは、平成25年に誕生した福井市交通安全マスコットです。毎年オリジナル反射材を作成し、気軽に反射材をつけてもらおうとPRしています。反射材は、お年寄りがつける物と思ってる方も多いのですが、すべての年代の方に「こんな便利なものがあるんだ!」と反射材の存在を周知するために、親しみやすい着ぐるみを製作し、子どもや若い世代、その親、さらにはおじいちゃんやおばあちゃん、もっと多くの人に交通安全に興味をもってもらいたい!そんな思いでこのプロジェクトを立ち上げました。

 

しかし、この「まもりーね」の着ぐるみを制作するための費用として70万円が不足しています!どうかみなさまのお力をお貸しいただけないでしょうか。

 

 

「交通事故なんで、自分には関係ない!」どこか他人事という意識を

「交通事故は、誰にでも起こりうる身近な危険なんだ!」と考えてほしい。

 

過去5年を見ると、福井市内では毎年1万件を超える交通事故が起きています。また、交通事故で亡くなられた方は毎年8人~19人おり、高齢者の方の占める割合は約半数となっています。そんな思いで、福井市では交通安全教室を幼児、小学生、高齢者へと幅広く行って交通安全を呼びかけています。また、交通安全イベントや街頭広報活動でのチラシ配り、ゴミ収集車での広報等さまざまな方法で広報もしています。

 

ただ依然として交通事故は減らず、平成28年は今現在、昨年を超える交通事故死者数となっています。交通死亡事故が発生した場合、現場点検を行うことになるのですが、事故の発生した現場でブレーキ痕などの事故の痕跡を見る度に、交通事故の悲惨さと事故被害者やそのご家族の突然の苦しみに胸が痛くなります。

 

 

 

今まで行ってきた活動に、より一層力を入れることはもちろんですが、今まで交通安全に興味がなかった方に少しでも興味を抱いていただけるよう、また交通安全教室やイベントをもっと盛り上げられるようにしたいと考えております。これまでより気軽に反射材を身につけてもらうため、まもりーねを使用した反射材を作成し、それを交通安全教室や交通安全イベントにおいて活用することにより、集客力や注目度を高めて、より多くの人に交通安全を呼びかけようと思い、まもりーねの着ぐるみを作るプロジェクトを立ち上げました。

 

しかし、着ぐるみを製作するための費用が不足しています。より多くの人を集客するため、福井市の交通安全を守るために大きな着ぐるみが必要なのです。

 

 

交通ルールやマナーを学んでもらい、1件でも交通事故を減らしたい。
安全安心な福井市、これが私たちの願いです!

 

着ぐるみは日々の交通安全教室や交通安全イベントに加え、その他のイベントでも交通安全を呼びかけるために登場します。子どもたちはもちろんのこと、幅広い年齢層に対しても歩行者、自転車、ドライバーのそれぞれの立場で交通事故防止を意識し、交通安全に興味を持ってもらいたいです。また併せて

 

今回のプロジェクトを通して、交通安全教室やイベントをもっと盛り上げることができます。まもりーねを目一杯活用し、今まで以上に交通安全に興味を持ってもらい、福井市内の交通事故が1件でも多く減るようにしたい。安全安心な福井市、これが私たちの願いです。どうぞよろしくお願いいたします!

 


 

 

■まもりーねからの感謝状
■まもりーねオリジナルエコバック
■まもりーねオリジナルストラップ
■まもりーね1日出張の権利の抽選券
■HPで支援者の名前を紹介(希望制)