真鶴の地場産業に石材業がある。
 
真鶴の土地から「本小松石」という、世界で真鶴でしか採れない石が採れるのだ。
 
小松石は固くて粘り気があるとされ、青みがかったものは墓石の最高級品の一つ。徳川家や天皇家のお墓にも使われているという。
 
そんな小松石を使って、真鶴出版2号店の、オリジナルの洗面ボウルを制作する。
 
お願いするのは、消防団の先輩でもある、竹林石材店(※)の竹林さん。今日はいよいよ使用する石を決定した。
 
普通では見たこともないような洗面ボウルになりそうな予感。
 
もし2号店に来た人がこの洗面ボウルを見て、自分も小松石で洗面ボウルをつくってみたい!と思ってくれるとうれしい。
 
写真は、竹林石材にあった小松石の置物。
 
おわり
 
※竹林石材店について、川口が書いた記事はこちら→
https://colocal.jp/…/art-desig…/manazuru/20170323_93798.html
 

 
ついに達成率60%、180万円を超えました。たくさんの支援をありがとうございます!https://readyfor.jp/projects/manapub
 

新着情報一覧へ