こんにちは。山下です。

シェルターで何かお変わりがないかと、お邪魔しました。

今日は、寒いけれど陽差しもあり、猫達も外の敷地内で寛いでいました。

 

顔写真が撮りたかったのに、動きが早くてなかなか撮れなかった(^^)/

 

この仔も人懐っこい!

 

★特に風邪で病院へ行くこともないそうで安心しました。

ちょっと変だなと思ったら、早期に抗生物質を与えるそうです。

病気になるのが一番恐い事。

衛生面や栄養には特に気を使っておられるそうです。

 

★数日前に役所から連絡が入った多頭飼いの猫のこと。

これ以上、猫を受け入れることは、経済的にも物理的にも無理なこと。

なぜ、50匹になるまで周りの人たちが気付かなかったのか、一人暮らしのお宅からの報告が多すぎます。

訪問介護の方の報告がもう少し早かったら、ここまでになっていなかったかもしれません。

 

杉田さん、役所の介護課に出向いて、介護包括センターや訪問介護ヘルパーさんにも協力して頂き、役所と保健所の連携を執って頂きたいとお願いをしてきたそうです。

 

もし、この一人暮らしの方が、三重県愛護推進センター「あすまいる」の情報をご存知だったらと思うと残念でなりません。

 

多数の犬・猫のTNR活動を行っていると知っていたなら!

 

自分で連れて行けないなら、

たくさんの動物ボランティアさんがいることを知っていたなら!

 

広報の隅のほうに小さく、または、以前に広報に載っているからと言われそうですが、繰り返し繰り返し情報を発信することが大事だと思います。

 

このような問題を抱えた方には、自治会単位で寄り添って行かなければ解決しないと思います。

 

全ての住民がネットの情報を見ることはできません。

「あすまいる」の活動も地域の動物ボランティア活動も、より多くの人に知っていただくには、

 

一刻も早く!

大きな字で、分かりやすい情報を発信していただくことを

行政にお願いしたい!

 

~今日は、こんなことをシェルターで、杉田さんとお話ししました(^^)/

 

すこしでも多くの方にこのページを読んで頂きたいです。

出来ることなら、行政に関わる方にも。

このページのお気に入りが増えることを願っています。

よろしくお願い致しますm(__)m

新着情報一覧へ