災害時のペット達のガイドラインを作りたい!

 

これは、杉田さんの達ての願いです。

東北地震、熊本地震と大きな災害に見舞われた時、避難所にも連れて行けない犬や猫の悲しい現実を嫌というほど耳にしました。

 

これを繰り返してはいけません。

学習する機会は十分すぎる程ありました。

 

災害が起こってからでは遅すぎるのです!

 

昨日、杉田さんは、役所に出向いて、その話を伺いに行かれたそうです。

 

松阪市のペットの災害時のガイドラインは何も無い!

 

これが、現実です。

 

大きな災害が起こっていない今こそ、そんな話を具体的にするべきです。

環境省が制作したりっぱなガイドラインがあります。

それらを参考にして各地域に見合った具体的なガイドラインを冊子にして頂きたい。

そして、そこから、改良を重ねていく姿勢が大切だと思います。

 

 

 

 

大きな地震が起きた時、どこに連れていけばいいのですか?

人間と同じ避難所には連れていけないのですか?

犬は、どのようにして保護すればいいのですか?

災害時は、ペットを見捨て逃げるのですか?

災害を想定した飼い主のマナー等。

 

人間の助けがないと、生きられない動物のこと、

もっと真剣に考えないといけません。

そんなところから、弱者を助ける心が芽生えると思うのです。

 

誰かが言い出さないと、犬や猫の事は忘れ去られているのです。

 

大きな災害が来る前になんとかしたい!

 

杉田さんの大きな願いです。

 

新着情報一覧へ