私は私、あなたはあなた。

 

それ以上でも以下でもない、等身大の姿ほど魅力的なものはありません。

 

「こうあるべき」の押しつけ合いではなく、「こうありたい」をお互い応援したくなる、そんな作品です。

 

一人でも多くの人に届きますように!

 

 

杉山文野(すぎやまふみの)/トランスジェンダー 1981年東京都新宿区生まれ。フェンシング元女子日本代表。早稲田大学大学院にてセクシュアリティを中心に研究した後、その研究内容と性同一性障害である自身の体験を織り交ぜた『ダブルハッピネス』を講談社より出版。韓国語翻訳やコミック化されるなど話題を呼んだ。卒業後、2年間のバックパッカー生活で世界約50カ国+南極を巡り、現地で様々な社会問題と向き合う。帰国後、一般企業に3年ほど勤め、現在は自ら飲食店を経営するかたわら、日本最大のLGBTプライドパレードであるNPO法人東京レインボープライド共同代表理事、セクシュアル・マイノリティの子供たちをサポートするNPO法人ハートをつなごう学校代表、全国各地での講演会やメディア出演など活動は多義にわたる。日本初となる渋谷区・同性パートナーシップ条例制定に関わり、現在は渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員も務める。