こんにちは。

今回、メッセージリレーを担当させていただく山本成です。
”Different trains” でヴィオラを演奏します。

 

スティーブ・ライヒの音楽は現代音楽というジャンルに分類されるのですが、皆さんの中には現代音楽に馴染みの無い方が多いと思います。

しかしライヒの音楽には、聴いているとその音楽の世界に吸い込まれていくような不思議な感覚、人の心を動かす大きな力があり、現代音楽というジャンルを超えたものがあると僕は感じます。

 

今回演奏する”Different trains”は第2次世界対戦中、ヨーロッパで起こったユダヤ人に対する大量虐殺「ホロコースト」を題材にしており、ユダヤ人を大量に乗せた列車が強制収容所に向かう様子が描かれています。
列車の中に押し込められ、不安と恐怖の中走り続ける列車、そして待ち受ける残酷な現実。

”もし、その列車に乗っていたら…”

言葉や映像だけではなく、音楽の持つ力で心に訴えかけ、

そして演奏者も聴衆もひとつになり、決して忘れてはいけない現実を今、そして未来へ伝えていきたいと思っています。

 

支援してくださった方々、ありがとうございます。
このコンサートが多くの方々の心に届くためにも、これからもご支援、ご協力よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ