はじめまして。
“Different trains”でチェロを担当します、山田慧(めぐむ)です。
 
バロック・チェロでバロック時代の音楽を演奏する機会が多い僕は、古い曲を弾きながら、遠い昔へと思いを馳せる時間が好きです。
中世ヨーロッパの森や草原のにおい、風、空の色。
信仰に篤く、勤勉で素朴な人々の姿。
などを勝手にイメージして演奏していると、心が安らいでくるのを感じます。


さて今回は現代の音楽です。
思い浮かべるのは、のどかなバロック時代とはまったく違った世界。
ぎゅうぎゅう詰めの汽車が人々の不安を乗せて、速度を上げながら走っています。そして、行き着く先に待っているのは絶望。
弾いている僕も、悪い予感に胸が締めつけられ、呼吸が苦しくなりそうです。


非情な現実を突きつける音楽ですが、酷だからこそ、真の平和を切に願う無数の人々の声をストレートに届けられるのだと、僕は考えています。
ライヒの音楽を介して、もしかしたら『あなたの・僕の』人生だったかも知れない『誰かの』人生を、会場の奏者・聴衆全員がひとつになって生きてみませんか?
 
この演奏会の実現のために、皆さまのお力をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ