こころの健康副読本編集委員会の事務局を担当する中野です。

副読本「悩みは、がまんするしかないのかな?」は、保健体育の授業で

活用いただくことを想定して作成されています。

また、各学校の授業の状況によっては、総合的な学習の時間で

使われることもあるかと思います。

 

その際に、それぞれの先生方が授業に活用いただきやすくするため、

副読本のポイントをまとめた「先生向けの解説書」をご用意しています。

 

 

 

 

この副読本の役割や目標、内容などについて解説するとともに、

各章で伝えたいポイントや、マンガで表現している内容についての解釈の視点、

各解説部分の補足などを、8ページの冊子にして整理しています。

 

この「先生向け解説書」を副読本とともに配布させていただくことで、

「悩みは、がまんするしかないのかな?」の目指すところや活用の意義について

先生方に知っていただき、より有効にご活用いただければと思っています。

 

 

中野

新着情報一覧へ