「マイクロ・ライブラリーサミット」が、いよいよ始まります。

 

 

北は岩手県大槌町から西は島根県松江市まで全国15カ所の小さな図書館と2つの本屋さんが集まり、それぞれの活動の発端や内容について発表します。

 

 

私は、それぞれのマイクロ・ライブラリーをやられている方に事前にお会いしましたがどなたも個性的で一人一人魅力的な人ばかりでした。

 

 

一人の人の思いが、まわりの人を巻き込み、地域のかけがいのない図書館になったり、世代や立場を越えて協力し合って運営されたり、夫婦が力を合わせて長い年月にわたって育てられているところもあります。

 

 

それぞれ独創的な活動です。しかし同時に熱い思いをもって運営されています。行政や企業の活動とは違い、けっして潤沢な予算をもってやっているところはありませんが、活き活きとした人が集っています。

 

 

この一人一人を一人でも多くの皆さんにご紹介したいです。そして今回のマイクロ・ライブラリーサミットに参加した全ての人が、新たな出会いと勇気を持ち帰ってもらえればと思います。

 

 

(曽田文庫でのおはなし会)

 

新着情報一覧へ