「みんなの家」プロジェクトへのご支援の呼びかけも 

 残り3週間ほどとなりましたが、

 今までに62人ものみなさまがご支援下さっています。
 本当にありがとうございます。
 石巻の子どもたちの安心・安全な「居場所」のために、
 一層のご支援を頂けますよう、あらためてお願い申し上げます。

 

 

 

 

「みんなの場」では、私たちは―安全な「場」―を用意するだけで、子どもたちが

それぞれ、やりたいことを見つけて、いろいろなことをする、というスタイルを

とっています。

 

ランドセルを背負ったまま「みんなの場」に来ている小学生も多く、その中には、

「今日は宿題しないといけないんだよね」と、学校の宿題をする子もいます。

そういった時には、机に座って落ち着ける「場」として、お茶用のスペースや

お絵描き用の机が、自習室に変わります。「これどうやって解くの?」と聞かれることも多く、ボランティアは塾の先生に早変わり。
 

 

 

 

 

 

 

 

「みんなの場」の常設の場となっていく「みんなの家」では、午後3時以降は小学生や中高生が自習室としても利用できるようにする計画です。
「みんなの家」は、勉強に集中できる「場」、自習支援の「場」でもあるのです。

 

 

 

 

 

次回も、「みんなの場」の様子についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ