NPO法人みしまびと 理事長の山本希です。引き続き、多くの皆様からのご支援を賜りありがとうございます。

 

今回は、元々の園庭を改修してつくられる「みんなの広場」で行われる予定の「古道マルシェ」の取り組みについてご紹介したいと思います!

 

 

■ かつての交通の要所に、にぎわいを再び

 

みしま未来研究所が面する通りは、「鎌倉古道」と呼ばれる歴史ある通りです。源頼朝が鎌倉幕府を開いた際に整備された鎌倉街道の1つで、東西の交通の要ともなった場所です。

 

この鎌倉古道の名前にちなみ、みしま未来研究所では「古道マルシェ」というイベントの定期的な開催を目指しています。この地域で活動するクラフト作家さんの出店・ワークショップの実施や、おいしい食事やドリンクも提供しています。

 

歴史あるこの場所で、さらなるにぎわいを生み出す、そんなイベントになることを目指しています。

 

・お弁当やスイーツなどの食べ物

・コーヒーやお茶など飲み物

・手作り雑貨、アクセサリー、洋服、おもちゃ など

 

さまざまなジャンルにおいて出店者を募集していく予定です。

 

 

■ プレイベント「第1回古道マルシェ」の様子

 

2018年3月には改修工事前のプレイベントとして実際に「古道マルシェ」を開催。

 

地域で活動するクラフト作家さん、美味しい食事を提供してくれるお弁当屋さんなどに実際に出店してもらいました。

 

(第一回 古道マルシェの様子)

 

(おいしいお弁当の販売も!)

 

(クラフトの販売とワークショップも開催)

 

桜が舞う春の暖かい陽気のなか、たくさんの方がお越しくださいました。

クラフト作家のみなさんや、わたしたちNPO法人みしまびともワークショップコーナーや手作りゲームコーナーを設置。春休み中のたくさんの子どもたちも楽しんでくれました♪

 

 

■ かつての園庭を新しい地域の集いの場に!応援よろしくお願いします!

 

古道マルシェは、みしま未来研究所のみんなの広場を中心に、オープン後の継続開催を目指して現在担当委員が準備を進めているところです。地域に開かれた集いの場として、かつての園庭を活用できたらという思いを込めて、チャレンジをしていきます!

 

是非ひきつづき、NPO法人みしまびとの「みしま未来研究所」へのご支援・ご声援のほどよろしくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ