長らく更新をしていませんでした。申し訳ございません。


皆様、ご支援ありがとうございます!!
おかげさまでいいね!は250を超え、達成金額も10,1000円と折り返し地点となりました!!
この場で深く感謝申し上げいたします。
今後共ご協力いただけると、非常に心強いです。


さて、今回も制作レポートをしたいと思います。
みなとメディアミュージアムのメイン会場となります、那珂湊駅。
その那珂湊駅ホームに、変わったお客さんが登場しました。


 

カッパです。

こういった形でお客様に溶け込みます。
彼はここに座ってなにを思っているのでしょうか。はたまた、何も思っていないのでしょうか。

時にはちっちゃい子にいたづらされます。


それでもカッパは、イスに座りつづけます.....

 

このカッパの生みの親、伊藤沙織さんからのコメントを引用します。

この河童は、4月29日〜5月末まで栃木県那珂川町にある旧小口小学校の校庭の朝礼台に腰かけていました。

そこはちょうど、この那珂湊を流れる那珂川の上流にあたります。
80年前には那珂川町のレンガを那珂川に流して、那珂湊にある反射炉という建造物を作っていました。
このカッパも、レンガと同様に那珂川を下って那珂湊へやってきたました。
いまここで一息ついているわけですが、ぜひ隣に座ってそこに流れる時間を一緒に感じてみてください。

 

とのことです。
MMM2013展示期間前ですが、このカッパには那珂湊駅にてもう既に会えます。
是非とも、横に座って黄昏てみませんか!?
 

新着情報一覧へ