READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

泥遊びもドラム缶風呂も!大人と子どものあそび場つどい場作り!

小倉絵理

小倉絵理

泥遊びもドラム缶風呂も!大人と子どものあそび場つどい場作り!
支援総額
220,000

目標 500,000円

支援者
31人
残り
終了しました
募集は終了しました
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年12月04日 23:41

「わたし」が創る場。「あなた」が創る場。

これまでにご支援をいただいた方々、ありがとうございます!

継続のための資金になることはもちろん、

支えていただけること、応援していただけること、

ご理解いただけることが、

これからの活動のエネルギーになります。

感謝いたします!

 

(ドラム缶風呂。まだ暖かくなってないのに、入る!!)

(後ろから見ている子は「まだ冷たいんじゃないの…?」と言いたげな表情)

 

 

もぐらの冒険は、

来ている人たち、一人ひとりが“主役”です。

 

提供されることを楽しむのでもなく、

サービスを受けるわけでもありません

 

自分がやりたいと思ったことを、

自分でやってみる。

誰かと一緒にやってみることもあるかもしれません。

 

「これ、していいですか?」

「このあそび、お金かかりますか?」

もぐらの冒険に初めてきたひとには、よくこういう質問をされます。

誰かに決めてもらったり、

誰かが提供してくれるのを待っていることに慣れているということだなぁと感じます。

求めていることを、“求めている”と自覚する前にサーブされることが求められる世の中ですから、そうなるのは当たり前です。

 

でも、

それって、

とてもつまらないことのようにも感じるのです。

 

自分の感覚を自覚したり、

相手との折り合いをどうつけるか考えたり、

どうやったら実現できるか試行錯誤したり・・・

そういう過程がとてもおもしろいのに、と。

 

(木工作品にも、自分にも、真剣に色を塗る)

 

次の「あそび場・つどい場」開催に向けて、

常連の、ある ご夫婦から

「もちつきがやりたいんだ!道具はなんとか用意するから、もぐらの冒険の場でやってもいいかな!?」

というお話をもらいました。

 

そのご夫婦の「やりたい!」という思いがとてもうれしかったです。

すぐにそのご夫婦に会いに行き、

「どうしたら、“みんなが積極的に”おもちつきができるかな」

という相談をしました。

「もちつきをやらせてもらえる場」と感じられてしまうことが

あまりにも勿体無いと思ったので、

その ご夫婦と、いろいろに話し合いました。

 

「作られた場」ではなく、

「みんなで作っていく場」なのだ、と

そのご夫婦の姿を通じて、来ている人たちが感じられる機会になるといいなぁ、

と思っています。

 

(ひたすら穴を掘る。あそびに“意味”なんてない。遊ぶということが素晴らしい!)

 

提供されるだけではない、

「みんな」で…「自分」が…作っている。

それは、

自分の想いが、その場で生きていると感じられるということ。

「ここにいていいんだ」と感じられるということ。

それがとても楽しく、面白く、奥深く、尊いのです。

 

これからも、

そういう場であり続けるために…

それぞれの「やりたい」を形にするための道具の購入や環境の整備に、

みなさまからのご支援を使わせていただきます。

 

あと51日。

現在の達成率は16パーセント。

 

どうか、達成のために、力を貸してください!

よろしくお願いいたします!!

 

 

(もぐらの冒険代表:小倉絵理)

一覧に戻る

リターン

3,000

ご支援ありがとうございます!

①お礼状

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

10,000

9f53398891d395f3fe2d4f7d639be1cac0e09efa

地元の駄菓子屋さんからのお菓子と名物梨サイダー!

①お礼状

②駄菓子屋さんのお菓子詰め合わせ
いつも活動を支援してくださっている駄菓子屋さんの駄菓子詰め合わせです。
(※写真はイメージです。)

③市原梨サイダー
本社が市原市にある小湊鉄道が開発した、生産量県内トップクラスの市原市特産品「梨」を使った逸品です。

支援者
10人
在庫数
10
発送予定
2016年5月

30,000

7a367f762a6d738ef002ee13bdfe129838e42b46

1万円のリターン+千葉市原産のいちごをプレゼント

①お礼状

②駄菓子屋さんのお菓子詰め合わせ

③市原梨サイダー

④市原産イチゴ
市原産のいちごは2月から5月までが旬。旬のいちごをお届けします。

支援者
2人
在庫数
8
発送予定
2016年5月

プロジェクトの相談をする