本日、水海道さくら病院の別棟「透析センター」を再開いたしました!

 

 


「奇跡の復興!」を目標に再建作業にとりかかってから。皆様の励ましに支えられ、希望を失うことなく力をあわせて復興に努めてまいりました。いつも応援いただき誠にありがとうございます。

 

 

水海道さくら病院のうち、透析センターだけでも被害は甚大でした。

 

建物の修繕費を除き、医療機器やベッド、備品等だけでも被害額は1億円と見込んでおります。国の支援はまだ先となるようで充分な資金確保のめどが立っておりません。

 

その状況下でも、透析センターの復旧には特に急いで取り組んでまいりました。なぜなら透析治療が必要な患者様にとって、当院への通院は「生活の一部」だからです。

 

 

患者様は1日おきに週3回、1回4時間の人工透析をうけつづけなくてはいけません。関東東北豪雨により奪われた「生活の一部」を1日でもはやく取り戻していただけるよう再建を急いでまいりました。

 

 

病院1階は今なお、一部を除いて復旧作業中です。

この臨時の診療体制で足踏みせず完全復旧を目指してまいります。

 

ひきつづき、あたたかい応援をよろしくお願い申し上げます。

 

(2015年11月5日撮影)

新着情報一覧へ