​麦っ子畑保育園、保護者の鈴木です。

 

 

 

残すところ、約1.5日となりました。

これまでに280人の方からご支援いただき、今なお支援者数は増え続けています。

本当にありがとうございます。

 

 

本ファンドの新着情報には、これまでに園の職員、保護者、地域のお店の方、卒園生の親といった、様々な方が投稿しています。

その理由は、多くの人から麦っ子畑保育園が愛されているからに他なりません。

 

では、なぜそんなに多くの人から麦っ子畑保育園は愛されているのでしょうか。

私の個人的な考えが多く含まれる内容にはなりますが、本日は麦っ子畑保育園が愛される理由について投稿させていただきたいと思います。

 

 

麦っ子畑保育園が愛されている理由

 

それは、何事にも本気で誠実で、常に子どもたちが楽しく伸び伸びと成長できる環境を作り、その場所を支えてくれるオトナがいるからだと思っています。

 

常に子ども達の健康に気を遣い、アレルギー体質の子を受け入れたり、障害のある子を受け入れたり、一般的にはね敬遠されがちなことにも積極的に対応してくれ、さらには親の不安にも常に耳を傾けてくれるオトナがいる。

 

良いと思ったことは、そのレベルや内容に関わらず子どもたちや親と共有し、楽しんでくれるオトナがいる。

 

 

そんなオトナがいてくれるから、保護者である自分たちも優しい気持ちで保育園と触れ合い、子どもと接することができています。

 

オトナが本気で向き合い、保護者が優しい気持ちで接していると、子どもたちに笑顔が生まれ、優しさが生まれる。

 

子どもたちに笑顔が生まれ、人に対する優しさが生まれると、オトナはさらに愛情をもって子どもたちに接することができる。

 

うまく言葉では言い表せないのだけれど、そんなプラスの循環が麦っ子畑保育園にはあるのだと思います。

 

 

園庭で採れたモモを分け合う子どもたち

 

 

 

我が家は、麦っ子畑保育園と繋がるようになってから、まだ半年と日が浅いです。

しかしながら、既に深い信頼関係が麦っ子畑保育園とはあります。

 

 

それは、上記のようなプラスの循環を自然と感じ、心が癒されているからなのかもしれません。

 

 

今、社会は疲弊しています。

保育園絡みの哀しいニュースも時折耳にします。

 

麦っ子畑保育園のような場所が、一箇所でも多く増えたならば嬉しいです。

そしてこのようなステキな場所を維持する為、残り僅かな期間ではありますがぜひ皆様のご支援をお願い致します。

 

 

新着情報一覧へ