プロジェクト概要

  ケニアのスラムに安心出来る教育環境を求めて...

こんにちは。ケニアの首都、ナイロビに住んでいます。2014年から、会社の仕事の傍ら、ナイロビにあるムクルスラムで、ケニアのNPO Akiba Mashinani Trust (AMT)と一緒に子供たちの教育環境改善のボランティア活動をしています。

 

会社の仲間たちと始めたNext Door Projectや友人と一緒に、生理用品を寄付して、女子生徒が気持ちよく学校に行けるようにしたり、2017年には安心して読書を楽しめる図書館(スラムの図書館のプロジェクト)を作ったり、してきました。

 

みなさんのご協力のおかげで、AMTからは頼りにされるパートナーとして、現在の信頼関係に至っています。

 

  スラムの人口増加とコレラの発生...

首都ナイロビには仕事を求めて、たくさんの人たちが移住してきます。お金がない人たちが集まる先がスラム地域になります。郡政府も上下水道インフラの整備を進めていますが、区画整理やその為の立ち退きなどから、なかなか進まない現実があります。

2019年雨期は雨が例年に比べ少なかったにも関わらず、WHOの報告書によると、これまで、3,433件のコレラ発症が報告され、24名が命を落としています。

(出典元:Weekly Bulletin on Outbreaks and Other Emergencies�Date: 21 July 2019

 

これまで私たちは、地域の人たちが持続的に利用できることを期待して、水を使わず、排泄物を肥料として利用できるトイレの導入をChurch on the Rockを始めとする、いくつかの学校で進めてきました。しかしながら、ムクルスラムの様に、雨期には水がたまりやすく、人口が過度に集中する地域に置いて、特に子供が集まる学校に対しては、不向きと判断をせざるを得なくなってきました。

水はけの悪いムクルの街並み。長靴なしでは歩けません

AMTと度重なる協議の上、コレラの発症を未然に防止するために、人が介入せず、安全に処理する設備に改修するという結論に至りました。下水道に接続することが最適の方法ですが、本管との距離が50m以上離れており、接続は困難であることがわかりました。

 

  バイオダイジェスターの導入

導入先:Church on the Rock

場所:Mukuru Slum Kwa Ruben地区

生徒数:350人(2019年6月時点)

 

学校が金銭面で維持管理でき、子供たちや周辺住民にとっても安全が確保出来るものとして、適切な設備を検討しバイオダイジェスターを選定することにしました。

バイオダイジェスターは、日本の浄化槽に近いものですが、微生物の力を最大限に使って、排泄物の容積を減らすことを目的としたもので、単純に排泄物を貯留する穴(便槽)に比べて、汲取頻度を減らすことが出来ます。

バイオガスを採取して、キッチンで活用することも考えましたが、ガス回収のための運用や、設備の維持管理その物が複雑になることから、最もシンプルな仕組みを選びました。

分かりにくいですが、ムクルスラムの学校でバイオダイジェスター設置した例。処理された水は排出されます。

 

今回導入するバイオダイジェスターは500人向けのサイズです。

9月上旬に着工し、10月中旬には完了する予定です。日本の様に納期通りに全てを進めるのは難しいですが、図書館建設時にスケジュールが大幅に遅れてしまった反省を生かして、AMTにも工事の現場監督を勤めてもらいます。

 

目標金額:100万円

  1. バイオダイジェスター建設費/ 60万円
  2. メンテナンス用部材/ 7万400円
  3. NPO現場管理費・事務費/ 10万円
  4. 工事前事前調査費/ 10万円
  5. 手数料と税金/ 12万9千600円

  みなさんのサポートが子供たちに刻まれるリターンです

サポートいただいた皆さまのお名前が子供たちに刻まれ、いつまでも残るそんなリターンを準備いたします。

 

① ¥5,000のリターン

AMTとMukuruのYouth Group(若者グループ)が撮影・編集するムービーのエンドロールに名前をお入れします。

 

② ¥10,000のリターン

①に加えて、改修したトイレの壁に、お名前をペイントします。

 

③ ¥30,000のリターン

①、②に加えて、各トイレブースのニックネームをつけてもらいます。

 

子供たちが安全で安心できるトイレが使える様に、皆さまのご協力をお願いいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年11月11日までにトイレ改修を完了させることをもってプロジェクト完了とする。 
着手予定日:2019年9月1日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

 

 

 


最新の新着情報