READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

障がい児と家族のための多感覚演劇「森の物語」開幕へ!

中山夏織

中山夏織

障がい児と家族のための多感覚演劇「森の物語」開幕へ!

支援総額

309,000

目標金額 300,000円

支援者
34人
募集終了日
2017年1月31日
プロジェクトは成立しました!
10人がお気に入りしています

終了報告を読む


10人がお気に入りしています
2017年03月07日 23:36

Beyond the barriers-アクセス・コーディネーター

皆さま

 

『森の物語In a forest』の開幕日が近づいてきました。

いまもまだお申込みを受け付けていて、実際に、お申込みを

いただいていますが、いま細心の配慮を向けているのが、

アクセスのコーディネーションです。

 

先日ご紹介させていただいたソーシャルストーリーは、

アクセスを少しばかり容易にするためのツールの一つです。

 

また、今回のプロジェクトには、かなり重度の障がいを

もって、バギーやストレッチャーで参加されるお子さんも。

どのように公演の場に到着されるのか

どのように鑑賞するのか…

ご家族と相談しながらの作業です。

 

同時に、今回のプロジェクトが大切にしているのは、

作品そのものがバリアをつくらないこと、つまり、

創造面でのバリアフリーです。

 

そのため、大きな音を避ける、物語を覚えていられない

ことも想定され、短いシークエンスでつなげていく、

感覚を刺激するためのテーブルトップパフォーマンス等

劇団オイリーカートから学んだ手法を

駆使しつつ、自分たちの作品を模索しています。

 

参加受付の際には、一人ひとりの、障がいの種類だけでなく、

苦手なものもうかがい(きぐるみがだめだとか、風船が割れる

のが怖いとか…)等も参考にさせていただいています。

きれいごとですまないのは、アーティストとの闘い(?)です。

アーティストがやりたいことが、必ずしも

障がいや病気をもつ子どもたちに望ましいものではないことも…。

 

私自身、アートマネジメントの教師でありますが、

新しい学びの日々です。

同時に、このように一人ひとりの思いを聞き、

調整し、可能にするアクセス・コーディネーターを

育てることの重要性を思い知っています。

 

シアタープランニングネットワーク

中山夏織

 

 

 

「ソーシャルストーリー」って何?森に多くのご家族が集いました。
一覧に戻る

リターン

3,000

【応援します】ホスピタリティの心

【応援します】ホスピタリティの心

◎サンクスメール

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月

5,000

【応援します】いっぱいのホスピタリティ

【応援します】いっぱいのホスピタリティ

◎サンクスメール
◎活動報告メール
◎報告掲載機関誌シアター&ポリシー(2017年5月号)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年5月

10,000

【応援します】ホスピタリティ&ホスピタリティ

【応援します】ホスピタリティ&ホスピタリティ

◎感謝のお手紙
◎活動報告メール
◎報告掲載機関誌シアター&ポリシー(2017年5月号)
◎当日プログラムへのお名前の記載
◎特製バッジ(画像は昨年のものです)

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年5月

20,000

【応援します】ホスピタリティ&ホスピタリティ&プラス

【応援します】ホスピタリティ&ホスピタリティ&プラス

◎感謝のお手紙
◎活動報告メール
◎機関誌シアター&ポリシー(1年間・隔月刊)
◎当日プログラムへのお名前の記載
◎特製バッジ
に加え、

◎ご希望の方は、公演にご招待いたします。

支援者
3人
在庫数
2
発送完了予定月
2017年3月

30,000

【応援します】スペシャル・ホスピタリティ

【応援します】スペシャル・ホスピタリティ

◎感謝のお手紙
◎活動報告メール
◎機関誌シアター&ポリシー(1年間・隔月刊)
◎当日プログラムへのお名前の記載
◎特製バッジ
に加え、

◎理論書「応用ドラマ」(H.ニコルソン著・中山夏織訳)(定価2,000円+税)
◎ご希望の方は、公演にご招待いたします。

支援者
3人
在庫数
2
発送完了予定月
2017年3月
プロジェクトの相談をする