カルガリー(カナダ)で試験走行を実施しました!!

こんにちは、室蘭工業大学清水です。

 

初めての新着情報の更新です。進行状況の発信が遅くなり、すみません。

 

クラウドファンディング達成から、頂いたご寄附をもとに、ものづくり基盤センターの教員・学生、室蘭近郊の製作業者、テストレーサーらとともにスケルトン用ソリの試作機の製作に取り組んでまいりました。

 

そして、今回、標題のとおり、1026日~1030日まで、カナダ・カルガリーのボブスレー・スケルトンコースで、試作機の試験走行を実施してきました。

 

今回は、光栄にも元オリンピック選手がテストレーサーとして同行して下さり、この上ない環境で試験走行を実施することができました。

 

とはいうものの、試験走行の準備には、かなり手こずりました。機材の運搬や現地での工具等の調達、そして、当たり前ですが、カナダは遠くて寒い・・・とにかく、よい経験をさせてもらいました。

 

 

さて、本題ですが、試験走行のお話です。

今回、稲田選手5回、笹原選手4回の合計9回の試験走行を実施しました。

 

そして、走行タイムは予想を上回る結果でした。

笹原選手の3回目の走行タイムは、なんと3800でした。これは、同日に滑走したカナダワールドカップ選手とほぼ同じ記録です。思わずみんなで抱き合って、喜びを分かち合いました。

 

これも、皆様のご寄附による充実した研究環境があってのことだと思っております。

改めまして、感謝申し上げます。

 

今後の計画ですが、今回の試験走行では充分な成果と同時にいくつか課題も発見されました、

これを改善すべく、改良を12月下旬までに行っていきたいと考えています。

 

以上、カルガリー(カナダ)で試験走行の報告でした。

今後とも、国産スケルトン用ソリ開発プロジェクトを宜しくお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています