プロジェクト終了報告

2019年05月31日

ジュニア選手のソリ完成!大会で好タイム!!

 

 こんにちは、室蘭工業大学清水です。

 

 

 皆様からのご支援により、試作機1号機の製作、テストレーサーによる試走、試走結果に基づく改良、ジュニア選手へのソリの提供という一通りの開発工程を終えることができました。

 改めてお礼申し上げます。

 

 新着情報でお知らせしたカナダ・カルガリーでの試験走行の後、改良を加え、当初計画通りジュニア選手に実際の競技で滑走してもらうことになりました。

 ジュニア選手の体型にフィットするよう調整したソリは、選手の感触も良く、20192月サンモリッツ(スイス)で開催されたユースシリーズ(国際大会)では、好タイムを収め、第4位入賞という結果でした。

 (ここで、一点お知らせがあります。当初計画では2名のジュニア選手にソリを提供するとしておりましたが、予定していた選手のうち1名がスケルトン活動を辞めることになり、2名から1名に変更させていただきました。)

 

 

 ソリ本体は、直進性が高くスピードが出やすいものとなり、本体自体の開発は順調に進んでいます。しかし、世界で勝つソリ開発のためには、ランナー(氷と接触する部分)の開発が必要です。ランナーには溝が彫られており、その長さ、深さ、本数に規定が無いため、選手によって使用するランナーに違いがあります。そのため、氷の温度やコース状況に応じて使用するランナーを変えられるよう、複数のランナーを製作すると良いと考えています。

 今後の予定としましては、ボブスレー・スケルトン連盟や選手の方々と連携して、このランナーの溝に関して相関性を追求し、更なる開発に努めます。

 

リターンの発送等の予定について

 ・報告書及びジュニア選手からのメッセージについて、2019年5月予定としておりました

  が、試験検査結果などの取り纏めに時間を要したことから、現在6月予定として発送準

  備を行っております。もう少々お待ち下さいますようお願いいたします。

 ・体験試乗会については、2020年2月を予定(札幌市で開催)としております。後日、詳細

  決定次第、対象の皆様に個別にお知らせいたします。

 ・ステッカーについては、現在、競技ルール上の制約から、大きさ、貼付位置などを検討

  しております。ステッカーの内容・ご要望については、別途お聞きしたいと考えており

  ます。

 

決算報告について

 ご寄附いただいた資金は、テストレーサー及び私を含めた開発スタッフの旅費・交通費、滑走路を使用するための費用や選手の登録料、その他スケルトンや選手が使用する道具の輸送費、開発のために必要な消耗品の購入に使用させていただきました。

 

 最後になりますが、今後もスケルトン競技、及びソリ開発への応援、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 ご支援いただき、誠にありがとうございました。

 

室蘭工業大学 清水 一道