2017年4月6日、ネパールのキリティピール、カトマンズにて設立して行動を行われている「Comfort Felt and Craft Pvt」と言うネパールのフェルトとクラフト工場を訪問しました。現在、そちらではスリッパ、ショートブーツ、子供服など様々な品種のフェルトシューズを製造する約40人の女性が働いています。中産階級の家庭から来ているにもかかわらず、女性達は高度に熟練した専門家です。彼らは、生活水準を向上させ、子どもたちに質の高い教育を提供する目的で仕事を得ています。彼らは採用後工場内で数ヶ月にわたり訓練を受けました。そのため、彼らは数年後から高品質のフェルトシューズを成功裏に準備しています。Ready Forのドナーのための贈り物として提示されるフェルト・シューズは、これらの女性によって準備される予定です。私たちの目標は、これらの重要な働く女性たちに経済的に支持的な環境を作り出すことです。工場での訪問中に、彼らは愛と感が充実している外部者に自分たちの製品を見せてくれることをとても嬉しく思っていました。彼らは親切に靴製造プロセスについて詳しく説明してくれました。彼らの仕事は見るのにとても面白かったです。工場の所有者であるAnup Manandhar氏は、「これらの女性は仕事に熱心です。したがって、近い将来、彼らのスキルが間違いなく国際市場で拡大すると確信しています。」と言いました。彼らは本質的に非常に寛大に思えます。したがって、我々は彼らの製品を購入することによって金銭的支援の形で彼らに貢献したいと考えています。また、皆様にこの使命をサポートするように要請したいと思います。 寄付プログラムが、ラビ村の女性たちと同様に、感謝の工場の女性たちにとって実りあるものになるという、両立したシナリオになると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ