READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ミャンマーで6400冊の絵本を出版して子どもたちに届けよう!

中原亜紀

中原亜紀

ミャンマーで6400冊の絵本を出版して子どもたちに届けよう!
支援総額
1,302,000

目標 1,200,000円

支援者
98人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2014年06月15日 10:31

地域が「家族」の国。

 

 

皆さまこんにちは。中原亜紀です。

 

 

今回、募集している絵本のテーマは「家族」です。

この国では、「家族」の意味合いが非常に大切にされていると感じています。

 

ミャンマー語で家族は「ミターズゥ」。「母(ミ)と子(ター)の集まり(ス=ズ)」。
言葉が表すとおり、血縁関係を非常に大切にする文化だと思いますが、それだけではないです。

 

裕福な家庭の場合、貧しい親戚の子を引き取って一緒に暮らすケースがよくあります。
また、地域の「僧院」も身寄りのない子ども達を引き取り育てる「孤児院」の機能や「学校」として欠かせない役割を担っています。

 

ミャンマーは開発途上にある国ですが、地域の中にある僧院が、貧しい子を引き取り育てる仕組みがあることは特筆すべきことかと思います。捨て子がいれば、地域の人が僧院へ連れて行く。

もちろん、僧院の運営状況は、基本的に寄付や托鉢でまかなわれているため、非常に厳しい状態にありますし、教育環境も不十分である場合が多いです。

それでも、血縁関係を超えて子ども達を受け容れる、大きな「家族」としての役割を果たしていることの意味合いは、非常に大きいのではないでしょうか。

 

ここでは、地域ぐるみが「家族」です。

 

 

今回応募してくる絵本の作家さんたちは、どんなメッセージを込めて応募してくるでしょうか。それぞれの作家さんに、「家族」の大切な想いがあるはずです。

 

きっと、出来上がった絵本には、子ども達にも大人にも通じる大切なメッセージがこめられていると期待しています。

 

(尼僧学校の子ども達)

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

①子どもからのお礼状が届きます。

支援者
50人
在庫数
制限なし

10,000

①に加え
②「季刊誌シャンティ」ミャンマー特集号をお送りします。

支援者
34人
在庫数
制限なし

20,000

①、②に加え
③ミャンマーのミニだるまの起き上がりこぼし(紐付き)をプレゼントします。

支援者
9人
在庫数
制限なし

50,000

①、②、③に加え
④ミャンマーの風鈴(紐付き)をプレゼントします。

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000

①、②、③、④に加え
⑤出版する絵本にお名前を掲載します。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000

①、②、③、④、⑤に加え
⑥お名前を掲載した絵本をプレゼントします。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする