国によって置かれている状況は異なるとはいえ、病気や障がいのある子やそのきょうだいはどの国にもいらっしゃることでしょう。
おかれた文化や習慣の違いによって、その抱える困難には違いがあるかもしれません。
しかし、ひとたび表現されたものを目にすることで、「それでは自分はどういう状況にいて、どのように感じ、考えているのか」を考えるきっかけになることがあると思います。

そのようなわけで、「ぼくのおとうとは機械の鼻」には、英語版があります。
 “My Little Brother Has A Machine Nose”
https://youtu.be/BW9XQKitwdc
(English version)

 

この英語版に命を吹き込んでくれたのが、歌手として活躍する双子のユニット、ミルク & ハニー、通称ミルハニのお二人です。
おにいちゃんとおとうとの年齢は?性格は?このセリフの奥の想いは?
原案者となんども確認を重ねながらのレコーディング、息のあった2人の掛け合いをぜひ皆さんもお聞きになってみてください。

 

なお、ミルクアンドハニーのオフィシャルフェイスブックとYouTubeページはこちらです。
https://www.youtube.com/channel/UCebgM-9Ud8OYGjWEjeJsISw
(milk &honeyのオフィシャル You Tubeページ)

https://www.facebook.com/milkandhoneyofficial
(milk &honeyのオフィシャルFacebookページ)

 

 

新着情報一覧へ