障害をもつお姉ちゃんのことを、

「おまえの姉ちゃん、半分死んでる。」と言われたこともある。

でも、「すごく楽しい奴だよ。」と言われたこともある。

 

自分自身が、いつの間にか差別の目をもってお姉ちゃんをみていたんじゃないか。

でも、そうじゃない人たちもたくさんいることが分かった。

そんな人たちとたくさん出会うことで、自分自身が変えられていく気がした。

今、辛い思いをしているきょうだいがいたとしても、きっと、楽しくやれるようになる。大丈夫だから。

 

 

楽曲「みんなとくべつなひとり」でもタイコたたいてます

 

 障害をもつ子のきょうだいとして育ち、看護師の資格を持ちながらも医療ではなく、生活を支える介護福祉士として働くことを選んだ梅村さん自身のエピソードときょうだいたちへのメッセージです。どうぞ、ご覧下さい。

 

 

 

新着情報一覧へ