プロジェクト概要

 

 


【目標を達成しました!ご支援ありがとうございました!】


皆さまの温かいご支援のおかげで、無事に目標を達成することができました。本当にありがとうございます。今回の目標金額20万円は、秋冬サンプルの生産費用と新しい営業用のカタログ作成費用に充当いたします。

 

しかし、それはセレクトショップ運営からオリジナル商品の展開に主軸を移していくにあたって必要な費用50万円のうちの一部です。

 

普段販売することのない返礼品もご用意しております(達成済みのため必ずお届けできます)ので、引き続き、最後までご支援お待ちしております。よろしくお願いいたします。

 

2019.1.28(月)佐藤なこ


 

目指すは、オリジナルブランドのさらなる発展!

 

こんにちは、「kittyuna -キッチュナ-」の佐藤なこです。前回は私が運営しているクリエイター企画「クリエイターズ・トリップショップ」開催に向けて、温かいご支援を賜り、本当にありがとうございました。

 

前回ご支援いただいた44人の皆さま、ありがとうございました!


私は2004年に福島県郡山市中町にあった2坪の小さな路面店の、さらに屋根裏のような場所で、自分と国内の作家が作る帽子や雑貨を集めた小さなセレクトショップを始めました。14年経った現在では固定店舗は持たず、全国の百貨店、大型小売店での期間限定販売を主にセレクトショップを開いて商品展開をしています。

 

しかし、経営上の問題点を改善するために、今後オリジナル商品をメインとした展開に切り替える必要性が出てきました。そこで、オリジナルブランド「nacoknit ∞(ナコニット)」の秋冬サンプル生産費用とカタログ作成費用をご支援いただきたく、本プロジェクトを立ち上げました。2019年も当ブランドを好きでいてくださる皆さまと一緒に、商品を作り続けていきたいので、背中を押していただけるとうれしいです。ご協力よろしくお願いいたします。

 

前回のトリップショップの様子

 

 

副業として取り組むには超えられない壁を感じ、本業に。

 

本気の覚悟を持って、仕事に向き合うようになった2年前。

 

私は子どもの頃から自立心が旺盛だったため、地元郡山で何とか作家という仕事で女性が自分自身を養えないのかと考えながら、ファッション業界以外で営業の仕事をしながら、作家支援を目的としたセレクトショップを運営していました。しかし、2年ほど経ったとき、この道一本で覚悟を持って取り組んでいる人には、どんなに売れても敵わないと感じるようになりました。それ以来、私も本気でファッションの仕事に向き合おうと決意したのです。

ただ昨今では、いくらでも安い物でオシャレができ、家にいながらネットで買い物もできます。そんな時代に、現物を見てもらって接客して買ってもらう。それに、利益率の低いセレクトショップでほぼ無名ブランドの帽子をメインに扱うのは、生活していく上では厳しい話でした。

 

そんなことも理解した上で、稼ぎのメインだった仕事を辞め、赤字になっても1年間だけなら持ち堪えられると計算し、セレクトショップ一本で取り組もうと決めたのが2年ほど前のことでした。結果的に、本気で取り組んだ甲斐もあって事業は少しずつ拡大し、不足人員を雇う余裕はなかったものの、1年経った時点で他に仕事ができるような状態にないほどの反響を呼びました。

 

 

 納得いくまでやりきると決意し、ついに目標を達成。そして、次の展開へ。

 

帽子自体が儲かりづらいと言われるアイテムで、かつ一緒に働く作家さんの中には販売経験のない方も多くいらっしゃいました。作家さんに確実に利益を得てもらうためには本来いただきたい仲介手数料を相場より5%〜10%下げ、その分を作家さんへの売上としてきました。そうなると与えられた予算を達成しても、自分の仕事量に対して利益率が薄いので経営は厳しくなります。さらに予算が下回るときは、私のお給料をアルバイトさんの人件費や出張販売の経費に回しながら運営していました。

 

それでも「作家をビジネスとして成り立たせる」ことが目的だったため、自分が納得いくまでやろうと決意した結果、昨年度には目標だった年商と大規模な企画を行うという二つのことが達成できました。そこで、今後はセレクトショップ事業を縮小し、来年以降オリジナルブランドの展開をメインに切り替えていくことを決めました。
 

今まで自分以外の作家さんたちの後押しをしてきましたが、もう私が居なくても活躍できている方も多く、お客様を直接紹介させていただく機会も持ち続けてきました。そのため、私が作家と企業様、お客様をつなぐという役割はこの辺で終え、自分のブランドを育て直すことに集中しても良いのではと考えるようになったのです。

 

セレクトショップの様子

 

 

ファッションアイテムの枠に留まらず、自由な発想を忘れずに。

 

今回のプロジェクトでいただいたご支援は、私が趣味から始め、セレクトショップ業務をやりながらビジネスレベルまで育てたオリジナルブランド「nacoknit ∞(ナコニット)」の秋冬商品サンプル生産費用と営業用のカタログ作成などの費用に充てさせていただきます。(※2019年03月01日〜08月31日に実施予定)

 

2019年の春夏はネットショップでの販売をメインにし、秋冬商品のサンプルを春のうちに作り、展示会などで出展・営業し、そこで受注した分を秋までには生産する予定です。その生産は私だけでなく、日本と東南アジアの内職さんたちと行い、全国のポップアップストアでの販売は各地のアルバイトさんにも力を借りています。


決して有名でもないのに値段は安くもない商品ですが、質が良くて個性のある商品は各地のお客様に喜んでいただいています。このような形で、私は従来両立は難しいと言われている「作ること × 売ること」に対して、プロとして結果を出しています。


また、以前インテリアショップで約1年インショップ営業をさせていただいたことがありました。その際、そこを貸してくださった社長の提案で、古くなった椅子をニットで包んでリメイクしたことがあります。そのとき、ニットの持つ自由度の高さに改めて気づきました。どうしても商売をしていると制限された中での考えが身についてしまいますが、その経験を思い出し、ファッションアイテムに留まらず、異業種の企業様とのコラボアイテムなど、自由な発想で新しい商品も展開したいと思います。

 

オリジナルブランド「nacoknit∞(ナコニット)」の商品たち

 

 

私の挑戦が、郡山の文化レベル底上げにつながると信じて。

 

このプロジェクトにご支援いただくことができれば、私自身の後押しはもちろん、一緒に仕事をしている全国の作家さんの支援にもなります。なぜなら、私の作品は、自分以外の作家さんの毛糸やボタン、ブローチなどを買い取って作る商品が多いので、材料を仕入れる時点で他の作家さんの売上になるのです。

 

そして、私は郡山出身ですが、あえて地域に根付かずに働いています。地元の人たちに、県外にはもちろん、海外にも素晴らしい人や物がたくさんあることを伝えたいからです。それらを知ってもらいたいという強い思いから、県外、国外の品を取り入れてきては地元で販売し、新たな知見を養ってもらうことも目的の一つです。

 

また、郡山に拠点を置いても、全国で仕事はでき、作家という仕事で自分を養うことができるまでになれることを地元の人に知っていただきたいです。私がやっている小さな仕事が、ゆくゆくは郡山の文化レベルの底上げにつながり、地方に住む女性の社会進出のきっかけになれるように、少しでも貢献したいと思っています。それは、きっと地域の人たち、特に子どもたちの心の豊かさにつながると信じて取り組んでいきます。どうか、応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

今回も達成に向けて、がんばっていきます!

 

 

お客様からの応援メッセージ紹介


「ひとつひとつがとても丁寧な作りで暖かさを感じる商品で溢れています。作家さんと直接お話ができ、作り手目線で自分に合った帽子を選んでもらえるのが楽しみです!」

 

みのりさん 北海道在住 20代

 

「創業当時からのファンです。20代の頃は遊び用の派手可愛いニット帽で個性的なオシャレを楽しみ、結婚式はニットのウェルカムボードをオーダー、30代の今は子どもとの外遊び用に日焼け防止のお洒落なハットと、生活環境が変わっても、どんな要望にも応えてくれるブランドです。上質かつ可愛く攻めてるデザインの小物は、使っているとかなり誉められます!」

 

OTさん 東京都在住 30代

 

「福島県内ではあまりみられないアイテムがたくさんあります。購入後に、それに合わせてどんな服を着るかを考えることも楽しみのひとつです。レディースメインのお店ですが、帽子やストールなど男性が使える物もあります!」

 

YTさん 福島県在住 30代

 


最新の新着情報