Eeaf7f8fea2386c6e5fd92404db02c9798930b75



応援してくださっています皆様へ

高杉奈緒子を応援本当にありがとうございます。

ファンドも残り1日となりました。
最後の記事となります。
今回は何を書こうかな

スポーツにおいて怪我はついてくるものですよね
オートバイレースでも、転倒すると場合によっては大怪我したりします
自分がしてきた大怪我は、鈴鹿8時間耐久ロードレースで
高速コーナーで、1000ccでアクセル全開の約250キロときに
接触転倒して、緊急病院に運ばれて入院しました。

7箇所の骨折で、8月後半のレースが出来ないと言われてしまいました。
約1年間の重体だと言われました。
レース復帰の為に、私は入院しながらも朝から夜中まで
必死にリハビリできるところはリハビリしていました。
リハビリステーションでは、時間も範囲も限られているので
トレーニング器具を病室に持ち込んでいました。
悲観的になっている時間はないと思って必死にやってきました。
真夜中には、動かない体を何度も何度も責めたりもしましたが、
リハビリをして不可能を可能にしてきました。
自分に負けたくない
怪我に負けたくないと思いながらも取り付かれたように
毎日病院でリハビリをしていました。
看護師さんも毎日心配してくるぐらい病室に見にきたりしていました。

知っている人は知っていますが(^-^;)
おかしいだろと思われ心配してくれていました。
あれから、わずか1ヶ月でレースに復帰しました。
さまざまなリスクはありましたが無事に走りきることが出来ました。

転倒して怖いという恐怖感よりも
自分が走れないと不安が大きかったです。

鈴鹿8時間耐久ロードレースで転倒して、大きな大怪我をして
他の箇所の部分はくっつけることが出来ましたが
左上腕の骨のみ、5年間くっつかないままレースをしていました。
(髄内釘で固定されてるため骨の中に入っている釘とパイプのみを動かしている状態です)
折れたまま、ハードなトレーニングを繰返し
筋肉のみで、左上腕を動かしている状態でした。
いつか出来るだろうと思い続けて5年間
くっついていないものが当たり前になりながらも去年が終わり
去年の終わりに入院をして、骨がくっつくように手術をして

今、やっと5年ぶりに骨がくっつきました(^-^;)
背骨圧迫骨折2回したり、肋骨折れたり
左右の鎖骨折れたり、反対側の上腕折れたり
今まで骨折してきた箇所が30箇所はあったような気がします。

何故、ここまでなってまでレースを続けているのかは自分でも分かりません。
それぐらいオートバイレースの魅力に取り付かれているんだと思います。

今年は、怪我無くしっかり走りぬきたいと思います。

諦めないという勇気を持ち続けるということが一番大切なこと

ロードレースを通じて、たくさんの方々様に元気や勇気と笑顔を届けられたらなと思っています。
どんなに辛いことがあっても、最後までやり通せば乗り越えられる。
そして、いつかは必ず苦労を忘れて笑えるときがくる。
昔のしんどかったこと、苦労したことの記憶なんて遠い昔に忘れました。
今は今で、一生懸命に打ち込みながらも楽しんでいます。
毎日、レース出費表入力や振込みやカード引き落としの計算をしたりと
すげーかかってるなぁと思いながらも次にかかる費用計算したり
出るレースの計画を立てたりとこんな当たり前のような毎日となれるぐらい続けられています。

皆で楽しみ、笑いあいたい
皆で元気になろう

それがタカスギナオコ。

ピットウォークやサポーターになってくれた方々様に
いつも元気をもらっているし勇気付けられているから
ありがとうと言われて

こんな自分が、力になれているんだなと思って嬉しくなります。
いつまで続けられるかはわかりませんが、
これからも走り続けていこうと思っています。

そして、今年は最高のレースをして、応援してくれている人達様に応えたい。
喜んでもらいたいと強く思っています。

皆様、どうぞこれからも
高杉奈緒子という人間を応援し続けてください。

私は、常に最後まで挑戦し続ける人間でありたいと思っています。

ファンドは最後となりましたが
皆様、たくさんのシェアやいいね
応援資金を入金応援本当にありがとうございました。
高杉奈緒子という人間を拡散していただいたこと
本当にありがとうございました。

目標が達成されなかったら、入金してくださった皆様に全額返金となっています。

最後まで走り抜きたいと思っています

どうぞよろしくお願いします。
新着情報一覧へ