日本の市場は縮小傾向にあります。更に起業というリスクある選択に対し消極的でエンジェル投資家は海外と比べ多くありません。諸々の環境の中で日本の起業は競合の多いビジネス(安定した業界・業種)でかつ新規性の薄いビジネスでなければスタート出来ない状況になってしまっています。

 


また起業家は自己資金でビジネスを開始する為、失敗した場合に残るリスクも高く、その後の再チャレンジも難しいという環境が日本にはあります。追い打ちをかけるように少子高齢化社会で経済市場は縮小傾向であります。

 

今こそグローバルビジネスを行うことが起業家の活路ではないでしょうか。
私は旺盛な需要が爆発的に発生している、それが継続的に存在する東南アジアにて現在の若者が活きたチャレンジを行なうことが、将来の日本を救うと本気で考えております。


チャレンジするための環境があまりにも乏しく、内向き傾向な社会の中では世界に通用するイノベーションはなかなか生まれないのです。ガラパゴスと言われる所以でしょう。

昨今は日本を代表する企業が倒産する時代であります。もう日本は沈没しかかっていると感じます。モノづくり日本の時代は私は既に終了していると感じます。高度経済成長は二度と来ないでしょう。過去の遺産で食いつないでいくことに必死になり、次への投資が出来ない。前例主義に縛られダイナミックな変化を受け入れる・変化へ向かう事が出来ない・・・

国内での挑戦を応援しております。

国外でのこの様な挑戦にも可能性を感じて頂きたい。否、私はこの道以外に活路は無いとすら感じているのであります。

 

ー変化は成長であるー

 

社会変化をけん引する経済行動の一つが旺盛な起業活動である。
起業は経済を活性化するための重要な経済活動であります。

硬直的な社会環境と構造が先に述べた企業活動率の低さを表しております。

危機的な状況です。


どの時代も社会を変えてきたのは若者熱意と挑戦であります。ここベトナムはまさにその若者が経済の中心であり挑戦し続けております。

是非、日僑塾を応援ください。

数十年後の日本を救うために是非一緒にここベトナムからトライしましょう!

新着情報一覧へ