READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

来春も山口の子どもたちと一緒に、伝統の二月会を盛り上げたい!

米本太郎(興隆寺妙見社修復プロジェクトメンバー)

米本太郎(興隆寺妙見社修復プロジェクトメンバー)

来春も山口の子どもたちと一緒に、伝統の二月会を盛り上げたい!
支援総額
538,000

目標 520,000円

支援者
29人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2015年11月05日 23:50

中国新聞の記事

いつもありがとうございます。

さて、今日は私が取材していただいた新聞記事を掲載させていただきます。

11月2日の中国新聞です。

この2月会再興プロジェクトのこと自体に触れているわけではありませんが、

私が幼少期から鷺流狂言に触れ、大学で学び、いろいろなことを見てきてその集大成、今の自分にできる地域貢献は何かと考え始めたのがこのプロジェクトです。

狂言だけやっていても多くの人に興味をもってもらうのは難しい。かといって創作劇や、あまりにも突飛なことをしても注目は引くかもしれませんが、何も生まれない。

であれば、地域に眠っている文化を掘り起し、今の人たちに楽しんでもらえる総合文化祭のちいさなものができればいいかなと思いました。そして、山口の文化の核となる大内文化の発祥地、興隆寺で行われていた二月会を皆さんに知ってもらい、子どもたちにも参加してもらい、たくさんの人にみてもらうことができれば

 

という感じで、7回目になりました。

文章がくどくてすみません。

今回、中国新聞に取り上げていただいたことは非常にありがたかったし、記者の方にお話しすることで改めて自分自身のことを見つめなおす機会になりました。

まだまだ支援は進んでいませんが、これから後半戦、精一杯頑張って皆様にご協力のお願いをしていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

米本太郎

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター
・Facebookにお名前掲載

支援者
13人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスレター
・Facebookにお名前掲載
・当日イベントパンフレット

支援者
15人
在庫数
制限なし

30,000

・READYFOR特別席(2人分)
※見やすい席を用意させて頂きます。
・優先的に出演者と一緒に写真をとる権利
・山口県の特産品
・サンクスレター
・Facebookにお名前掲載
・当日イベントパンフレット

支援者
5人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする