プロジェクト終了報告

2018年12月03日

ありがとうございました

皆様にクラウドファンディングでお世話になったのはこの春でしたが、早いもので師走に入り、寒さが少しずつ厳しくなってきました。その節は本当にありがとうございました。お陰様で、手数料などを引いた100万9千71円のご支援をいただき、全てをアプリの代金として使用させていただきました。

 

皆様のおかげで、アプリの開発は順調に進んでおります。まだα版ではありますが、アプリの画面を少し共有させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ホーム画面>

 

 

 

 

 

 

 

 

<単語辞書画面>

 

 

 

 

 

 

 

 

<単語Q画面>

 

 

 

 

 

 

 

 

<漢字書きQ画面>

 

単語辞書では、スピーカーアイコンをタッチすることで、例文の音声を聞くことが可能です。単語Qでは、選択肢の1つを選んでタッチすると正誤判定がされ、間違えた場合は正答を確認することができます。漢字書きQでは、下の四角の中に手書きで漢字を書き、「答え」をタッチして答えを確認します。また、漢字を思い出せない場合は、「Model」をタッチすると、四角内に薄いお手本が表示され、学習者はそれをなぞって練習することができます。

(アプリはまだ開発途中ですので、デザインなどは変更の可能性があります)

 

アプリは教科書と同時リリースを目指していますが、教科書の出版が遅れており、アプリのほうもリリース時期を来年の3月ごろを予定しています。お待たせしてしまいますが、今しばらくお待ちいただけたらと思います。リターンに教科書を選ばれた方々には、ご迷惑をおかけいたしますが、来年3月ごろに再度ご連絡を差し上げます。

 

今後の活動(アプリ・教科書の進捗状況、発売予定など)につきましては、Facebookのほうにアップしてまいります。アプリの動画も既にそちらにアップしていますので、ご覧いただけたらと思います。

https://www.facebook.com/kanjiandvocabapp/?eid=ARBJT-oCN8cQeDacIWHcbNHJb0F3NNsVyp-ydDmZdKuY-o5HZuMa5UmRY9he964AlWXBkXmXHybQGKnV

 

みなさまのご支援に改めて感謝申し上げます。これからも日本語教育を盛り上げ、日本に興味を持ってくれる人を増やしていけたらと考えています。今後もどうぞ応援をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。