READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

地域環境を自分事に!巣箱リフターで養蜂家さんの活動を支援したい!

桝田 孝輔

桝田 孝輔

地域環境を自分事に!巣箱リフターで養蜂家さんの活動を支援したい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は11月13日(日)午後11:00までです。

支援総額

165,000

目標金額 750,000円

22%
支援者
16人
残り
37日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は11月13日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

自己紹介

こんにちは。JBeeFarmの桝田孝輔といいます。現在、福岡市や糸島市を中心にニホンミツバチの巣箱を管理するとともに、地域でニホンミツバチ養蜂家さん向けのワークショップやサポート活動を行っています(JBeeFarmのWebサイト)。

 

そして、前回2021年10月にReadyFor様でプロジェクト【日本蜜蜂養蜂をもっと身近に!誰もが簡単に扱える巣箱リフターを作る!】を立ちあげ、目標金額に達成することができました。その資金を元に、ニホンミツバチ用の巣箱リフター1台が稼働しはじめました。私を含め、多くの養蜂仲間がリフターを利用させてもらっています。現在は、さらなる軽量化や利便正向上を目指し、誰でも簡単にニホンミツバチ養蜂が始められる次世代機の巣箱リフターの開発を進めている最中です。

 

前回製作したリフター

 

 

プロジェクト立ちあげの経緯

近年、地球環境の課題解決が叫ばれています。私は地域の皆さんがそのような課題を他人事ではなく、自分事にすることが一番の問題解決の近道であると感じています。そのような理由から環境のバロメータであるミツバチを日本人にもっと身近な生き物にすること、中でも日本在来のミツバチであるニホンミツバチ養蜂の普及に取り組むことが大変有効だとずーっと感じています。実際に養蜂をやってみると大変奥深く、楽しいのです。そして、現在、ワークショップイベントや他の養蜂家さんが活動を周囲に伝えていく中で、「養蜂を自分でやってみたい」と思う方が増え、さらに「実際に自分でもやれるんだ」との認識が確実に高まっていることを感じております。

 

しかしながら、実際に養蜂を始めるとなると大きな問題が立ち塞がります。それは、(嬉しい事でありますが)ハチミツとミツバチがいっぱいに詰まった巣箱が非常に重たい(最大で50kgくらい)ということです。養蜂作業では男性が二人がかりで重い巣箱を持ち上げる必要があり、大変危険な作業です。今まで、ニホンミツバチ養蜂は誰もが簡単に実施できるものではなく、巣箱の重量がニホンミツバチ養蜂普及に大きなネックとなっていました。

 

そこで、前回のプロジェクト【日本蜜蜂養蜂をもっと身近に!誰もが簡単に扱える巣箱リフターを作る!】を立ち上げ、誰でも簡単に巣箱を持ち上げることができる巣箱リフターを開発しました。主なリフターの機能である、巣箱を持ち上げる機能についてはほぼ満足のいく機能が得られました。下の動画は男性の私ですが、女性一人でも50kg程の巣箱を容易に持ち上げる事が可能です

 

巣箱リフターの動作

 

そして、約1年の期間を掛けて、更なる改善点(以下に記載)の抽出がまとまった為、この度、次世代型リフターを開発・生産する運びとなりました。

 

-----------------------------------------------【リフター改善点】-----------------------------------------------

・軽量化

 部材の変更により、リフター重量を14kgから8kgへと42%も軽量化。

 

・携帯性向上

 平地や凹凸のある場所でもリフターを移動し易いように車輪の追加とボディに取っ手を取り付け。

 

・操作性向上

 電動でもリフトを上下移動できるように利便性を高める。

 巣箱を固定するための金具をネジ固定から、ワンタッチ操作可能な金具に変更。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

上記のように次世代機リフターは更に使いやすくなる予定ですが、誰でも簡単に使える機能性を最大限に高めた事により部材コストが高額となった事と、また近年、世界情勢により材料価格が上昇してしまったことにより、リフターの1台あたりの価格も高額(1台20万円)になってしまいました。既に個人が簡単に手を出せる金額ではありません。

 

そこで、まずはJBeeFarmがリフターを3台を所有した上で、九州各地にリフターを配置し、各地域の養蜂家さんに低価格で貸し出すプランを作ることになりました。今回のプロジェクトでは、次世代型リフター3台の調達資金を集めるために、クラウドファンディングを活用させていただきます。

 

そして、さらに資金が集まれば、リフターの設置数を増やしたいと考えています。また、リフターの生産数が増えるとリフターの1台あたりの価格も将来的には下げられると期待しています。

 

 

プロジェクトの詳細

今回のプロジェクトの流れを説明します。

 

図プロジェクトの流れ

 

前回のクラウドファンディングで巣箱リフターの初号機は完成して現在は実際に稼働しています。そして、既に初号機の改善点を盛り込んだ次世代型のリフターの設計は、ほぼ終了しました。現在、試作・組立工程に進んでおり、2022年9月頃には次世代機での評価実験も終了します。

 

リフターの開発と製造をお願いしている熊本の機械屋さん 小鉢さん

 

その後、次世代型リフターの生産準備が整い次第、2022年12月を目標にJBeeFarm所有の3台を製造します。福岡県や熊本県内の3カ所(設置場所は暫定)に次世代機を配置して、地域の養蜂家さんが気軽に使用できる環境を作る計画です(維持管理費として利用者から1回1000円程度の使用料を戴きながら運営する計画です)。

 

プロジェクトの地域社会への効果

各地域への次世代型リフターの設置が完了すれば、さらに養蜂家さんは重い作業から解放されて、もっと気軽に養蜂に関わる事ができるようになります。実際に初号機を使用した養蜂家さんからの「非常に簡単だった」、「今までの作業が何だったのか?」、「非常に安全だった」などの声をたくさん戴いており(以下写真参照)、リフターの価値を実感しています。リフターがどのような方でも簡単に使えるようになれば、さらにニホンミツバチ養蜂の裾野は広がり、地域環境への関心が高まっていくに違いありません。今の目標は1,000人の養蜂家さんを地域に生み出すことです。

 

各地で大活躍のリフター初号機の様子

 

予算計画

プロジェクトの予算について以下に記載します。

1.巣箱リフター導入費用(部材費・組立費):60万円(20万円/台xリフター3台)

2.返礼品コスト(瓶代、返礼品発送費用)   :    5万円

3.READYFOR手数料および(12%)   :   9万円

4.消費税(10%)           :   1万円

----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

  設定目標金額              75万円

 

 

 

プロジェクト実施完了条件

以下を実施したことをもってプロジェクトを終了とします。

 

①ニホンミツバチの巣箱リフターを3台制作

活動状況:着手済み(現在、試作評価段階)

完了予定日:2022年12月

開発場所:福岡県福岡市早良区四箇6−15−24

実施者:JBeeFarm

 

 

補足)ハチミツの生産、出荷は食品衛生法、食品安全基本法、HACCPに則り、地域の保健所の指導に従い、実行します。

プロジェクト実行責任者:
桝田孝輔(JBeeFarm)
プロジェクト実施完了日:
2022年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

JBeeFarmの桝田が2022年12月31日までに支援者に対して、お礼状の発送と返礼品の送付を実施する。支援された資金は巣箱リフターの3機分の購入に当て、地域養蜂家が気軽に利用できるように地域に配置する。

プロフィール

桝田 孝輔

桝田 孝輔

現在、福岡市を中心にニホンミツバチ養蜂と養蜂家の応援をしているJBeeFarmの桝田孝輔といいます。2019年2月にReadyFor様でクラウドファンディングを立ち上げ、プロジェクトを達成【野生のニホンミツバチと我々人間が共存できる地域環境を作る】することができました。 前職はエンジニアでしたが、ニホンミツバチ養蜂と出会い、ミツバチの魅力と自然の偉大さに気づかされました。そして、春先に起こるミツバチの分蜂を目撃してからその感動を多くの人にも味わってもらいたいと思い、ニホンミツバチ養蜂家の応援活動を行っています。 ニホンミツバチは野生のミツバチ。野生のミツバチと人間が共存する社会を目指す事が社会にとって大きな価値になると思い、ニホンミツバチ養蜂の普及活動を行い、ミツバチに関連するプロジェクトを進めていきたいと思ってます。よろしくお願いします。

リターン

5,000+システム利用料


JBeeFarmへの応援 5000円

JBeeFarmへの応援 5000円

JBeeFarmへの応援として5,000円のご支援となっております。
皆様のお気持ちを巣箱リフター普及活動の資金として活用させていただきます。
ご支援者様へはお礼のメールをさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

5,000+システム利用料


ニホンミツバチの蜜蝋で作ったミツロウキャンドル

ニホンミツバチの蜜蝋で作ったミツロウキャンドル

JBeeFarmのニホンミツバチが作った蜜蝋で制作したミツロウキャンドルです。
糸島二丈深江で活動されているkukuruartさんにご協力戴き、制作していただきます。

【商品について】
サイズ:5cmx5cm(多少のサイズの違いがあります)
重量:
燃焼時間:約3時間

注意点)写真と実物では多少の色や形状の違いがある可能性がありますが、ご了承ください。

支援者
1人
在庫数
4
発送完了予定月
2022年12月

6,000+システム利用料


ニホンミツバチのミツロウ 80g 3個セット

ニホンミツバチのミツロウ 80g 3個セット

JBeeFarmで採取・濾過したニホンミツバチの純粋の蜜蝋です。
ブロック状になっていますので、ご利用に応じてカッターなどで切り分けてご使用ください。

【内容量】
80g(52mm x 77mm x 20mm)  の蜜蝋 3個

【用途】
自家製の蜜蝋クリームやロウソク、蜜蝋ラップなどの材料としてご利用ください。

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


JBeeFarmへの応援 10,000円

JBeeFarmへの応援 10,000円

JBeeFarmへの応援として10,000円のご支援となっております。
皆様のお気持ちを巣箱リフター普及活動の資金として活用させていただきます。
ご支援者様へはお礼のメールをさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


2022年秋採取予定 産地や巣箱(群)が異なるニホンミツバチの生ハチミツ 130g 味比べ3個セット

2022年秋採取予定 産地や巣箱(群)が異なるニホンミツバチの生ハチミツ 130g 味比べ3個セット

2022年秋に採取予定のニホンミツバチの生ハチミツ、採取場所の異なる3本組セットの商品です。

補足)写真はイメージです。採取時期や場所、巣箱によって、色や香り、味などは異なります。ラベルデザインは変更、またはラベル無しとする可能性があります。

【採取場所】
JBeeFarmが巣箱を設置してある福岡、糸島、福津など各地

【瓶サイズ】
外形(直径):5.5cm
高さ:7cm
内容量:130g

【詳細情報】
ニホンミツバチのハチミツは濃縮された甘みとコクの深みに特徴があります。そして、産地によって全て味が微妙に異なります。

【注意点】
生のハチミツにはボツリヌス菌が含まれている可能性がありますので、免疫能力が高くない1歳未満の乳児には食べさせないでください。

生ハチミツは必ず冷蔵庫など涼しい場所で保管してください。高温な場所に長時間保管しますとハチミツの発酵が進み、瓶内の圧力が上昇する事がありますので十分に注意が必要です。

この商品は国内への発送限定にさせていただきます。

支援者
2人
在庫数
28
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


【養蜂家さん向け】5年間巣箱リフターの使用権

【養蜂家さん向け】5年間巣箱リフターの使用権

今回、制作する巣箱リフターの5年間のレンタルフリー権です。
通常、リフターは管理費として使用1回あたり(数日〜1週間)1000円程度を戴く予定ですが、ご支援戴いた方には2023年1月〜2028年12月までの期間は何度でも無料で以下の場所に配置した巣箱リフターをご使用いただけます。

【リフターの設置場所(暫定)】
①福岡県福岡市早良区
②福岡県福津市
③福岡県糸島市
④熊本県熊本市
※旧型1台と新規3台の配置を予定しています。

【注意点】
ご利用される際は、設置場所まで自ら運搬してください。遠方の方は輸送が大変ですので、ご遠慮ください。リフターは軽自動車でも運べるサイズです。
リフターのご利用はJBeeFarmが主催する巣箱ワークショップに参加された方を主な対象に想定しています。
リフターはJBeeFarm規格の巣箱(形状:正方形、外径31cmx31cm)を推奨いたします。ご不明な点があれば、お問い合わせください。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

18,000+システム利用料


2022年秋採取予定 産地や巣箱(群)が異なるニホンミツバチの生ハチミツ 130g 味比べ6個セット

2022年秋採取予定 産地や巣箱(群)が異なるニホンミツバチの生ハチミツ 130g 味比べ6個セット

2022年秋に採取予定のニホンミツバチの生ハチミツ、採取場所の異なる6本組セットの商品です。

補足)写真はイメージです。採取時期や場所、巣箱によって、色や香り、味などは異なります。ラベルデザインは変更、またはラベル無しとする可能性があります。

【採取場所】
JBeeFarmが巣箱を設置してある福岡、糸島、福津など各地

【瓶サイズ】
外形(直径):5.5cm
高さ:7cm
内容量:130g

【詳細情報】
ニホンミツバチのハチミツは濃縮された甘みとコクの深みに特徴があります。そして、産地によって全て味が微妙に異なります。

【注意点】
生のハチミツにはボツリヌス菌が含まれている可能性がありますので、免疫能力が高くない1歳未満の乳児には食べさせないでください。

生ハチミツは必ず冷蔵庫など涼しい場所で保管してください。高温な場所に長時間保管しますとハチミツの発酵が進み、瓶内の圧力が上昇する事がありますので十分に注意が必要です。

この商品は国内への発送限定にさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
19
発送完了予定月
2022年12月

50,000+システム利用料


JBeeFarmへの応援 50,000円

JBeeFarmへの応援 50,000円

JBeeFarmへの応援として50,000円のご支援となっております。
皆様のお気持ちを巣箱リフター普及活動の資金として活用させていただきます。
ご支援者様へはお礼のメールをさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

現在、福岡市を中心にニホンミツバチ養蜂と養蜂家の応援をしているJBeeFarmの桝田孝輔といいます。2019年2月にReadyFor様でクラウドファンディングを立ち上げ、プロジェクトを達成【野生のニホンミツバチと我々人間が共存できる地域環境を作る】することができました。 前職はエンジニアでしたが、ニホンミツバチ養蜂と出会い、ミツバチの魅力と自然の偉大さに気づかされました。そして、春先に起こるミツバチの分蜂を目撃してからその感動を多くの人にも味わってもらいたいと思い、ニホンミツバチ養蜂家の応援活動を行っています。 ニホンミツバチは野生のミツバチ。野生のミツバチと人間が共存する社会を目指す事が社会にとって大きな価値になると思い、ニホンミツバチ養蜂の普及活動を行い、ミツバチに関連するプロジェクトを進めていきたいと思ってます。よろしくお願いします。

あなたにおすすめのプロジェクト

伝統織物のハンドメイドで女性に笑顔と癒しのショップを作りたい のトップ画像

伝統織物のハンドメイドで女性に笑顔と癒しのショップを作りたい

2PLus Japan2PLus Japan

#生活用品

0%
現在
3,000円
支援者
1人
残り
24日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする