READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型
成立

残そうニホンライチョウ!絶滅の危機にあるライチョウを救いたい

残そうニホンライチョウ!絶滅の危機にあるライチョウを救いたい

寄付総額

26,265,000

目標金額 10,000,000円

寄付者
1,174人
募集終了日
2018年2月28日
プロジェクトは成立しました!
108人がお気に入りしています

終了報告を読む


108人がお気に入りしています
2021年06月29日 13:22

抱卵が始まりました。~富山市ファミリーパーク~

 ファミリーパークでは交尾・産卵を続けていたメスが無事、6月22日から抱卵を開始しました。このまま安定して抱卵を続ければ、孵化日数は22~23日といわれていますので、7月14日ごろにヒナが孵化する予定です。

抱卵中のメス

 ファミリーパークでは今年も自然繁殖(母鳥が自ら卵をあたため、ヒナをかえし、ヒナを育てる)に取り組んでいます。この取り組みは3年目となり、1年目は母鳥がヒナをかえしましたがヒナを育てることをせず、2年目は母鳥がヒナを育てていましたがヒナが感染症で死亡していましたので、今年こそはという思いで過去の経験を活かして、飼育環境や衛生環境を改善しながら繁殖の準備を進めてきました。

 ところが、今年はつがい作りにちょっと苦労をしました。今回はこれまでよりも早く3月の初めからつがいとするオスとメスのお見合い、同居を始めてきました。

最初のオスとの見合い(手前がメス)

 しかし、4月に入るとこのオスがメスを攻撃するようになったため、別のオスに交代させ、あらためてお見合い、同居から始めました。この組み合わせは問題ないと思われていましたが、5月の下旬からメスの発情が始まったにもかかわらず、オスが全く無関心を続けました。そこで、このオスも交代させ、別のオス(昨年、繁殖つがいに成功した個体)を急遽登板させました。時間がないので、つがいになってくれるか少し心配しましたが、さすがの経験者で、すぐに交尾を行い、6月1日にはメスが1卵目の卵を産みました。

交尾の様子

 その後も交尾を行い、メスは卵を産み続け、10卵目を産んだ2日後の6月22日から抱卵を始め、その後11卵目を産み足しています。(ただ、今回は野生のライチョウの産卵数6~8個を考慮して、11卵のうち5個を他のメスが生んだ無精卵と交換して抱卵させています。)

 7月中旬にもホットなニュースをお知らせできるように、温かく見守っていきたいと思います。

巣箱内に産まれた卵

 

 なお、自然繁殖に取り組んでいる他の動物園での繁殖状況(6/25現在)をお知らせしますと、

・那須どうぶつ王国では6/9から7卵で抱卵中

・いしかわ動物園では6/13から8卵(うち3卵は偽卵)で抱卵中

・大町山岳博物館では8卵まで産卵したが抱卵せず、4卵を孵卵器で人工孵卵

・長野市茶臼山動物園では6/22から8卵で抱卵中

それ以外の上野動物園、横浜市繁殖センターでは人工採精と人工授精に取り組んでいます。

 

 このような状況ですので、早ければ7月に入ってすぐに那須から孵化のニュースが聞かれるかもしれません。ぜひ、ご期待ください。

 

ライチョウに会いに行ってきました。
一覧に戻る

ギフト

3,000

ギフト#1: お礼のメール+オリジナルピンバッジ

ギフト#1: お礼のメール+オリジナルピンバッジ

・富山市ファミリーパークからお礼のメールをお送りします。

・ライチョウのオリジナルキャラクターによるピンバッジ(φ25×1.2mm)を郵送でお送りします。

寄付者
631人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

10,000

ギフト#2: お礼のメール+オリジナルピンバッジ+ライチョウ写真(3枚)

ギフト#2: お礼のメール+オリジナルピンバッジ+ライチョウ写真(3枚)

・富山市ファミリーパークからお礼のメールをお送りします。

・ライチョウのオリジナルキャラクターによるピンバッジを郵送でお送りします。

・石原園長が立山で撮影したオリジナルライチョウ絵葉書(3枚)をお送りします。

寄付者
374人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

30,000

ギフト#3: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(小)

ギフト#3: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(小)

・ギフト#2をお送りします。

・ガラスプレート(150×100mm)にお名前(個人名、企業名)、寄付日、口数を表示し、園内のライチョウ舎周辺に2年間掲示いたします。
 ガラスプレートは2年間の掲示後、来園される希望者の方にはお渡し出来ます。

寄付者
114人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

50,000

ギフト#4: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(小)

ギフト#4: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(小)

・ギフト#2をお送りします。

・ガラスプレートにお名前(個人名、企業名)、寄付日、口数を表示し、園内のライチョウ舎周辺に2年間掲示いたします。
 ガラスプレートは2年間の掲示後、来園される希望者の方にはお渡し出来ます。


寄付者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

100,000

ギフト#5: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+ライチョウ解説とファミリーパークのバックヤードツア

ギフト#5: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+ライチョウ解説とファミリーパークのバックヤードツア

・ギフト#2をお送りします。

・ガラスプレート(200×250mm)にお名前(個人名、企業名)、寄付日、口数を表示し、園内のライチョウ舎周辺に2年間掲示いたします。
 ガラスプレートは2年間の掲示後、来園される希望者の方にはお渡し出来ます。

・石原園長がニホンライチョウのおかれている現状から保護増殖の取リ組みなどについての解説を行います。その後に普段はお見せしない動物の飼育施設等のバックヤードツアーを行います。なお、ニホンライチョウの施設内見学は除きます。
 実施時期は8月夏休みで合計3時間程度のツアーです。詳しい日程は後日連絡致します。富山市ファミリーパーク(富山市古沢254)で現地集合・現地解散とします。現地までの往復交通費は自己負担とし、参加は希望者のみです。人数は1寄付3名様までです。

寄付者
29人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

300,000

ギフト#6: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+立山室堂でのライチョウ見学ツアー

ギフト#6: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+立山室堂でのライチョウ見学ツアー

・ギフト#2をお送りします。

・ガラスプレート(200×150mm)にお名前(個人名、企業名)、寄付日、口数を表示し、園内のライチョウ舎周辺に2年間掲示いたします。 
 ガラスプレートは2年間の掲示後、来園される希望者の方にはお渡し出来ます。

・石原園長と立山室堂(富山県)でニホンライチョウの見学会を行います。実施時期は5月中旬~下旬を想定しています。詳しい日程は後日連絡致します。立山室堂での現地集合・現地解散とします。現地までの往復交通費は自己負担とし、参加は希望者のみです。人数は1寄付2名様までです。

寄付者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

500,000

ギフト#7: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+立山室堂でのライチョウ見学ツアー

ギフト#7: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+立山室堂でのライチョウ見学ツアー

・ギフト#2をお送りします。

・ガラスプレート(200×150mm)にお名前(個人名、企業名)、寄付日、口数を表示し、園内のライチョウ舎周辺に2年間掲示いたします。 
 ガラスプレートは2年間の掲示後、来園される希望者の方にはお渡し出来ます。

・石原園長と立山室堂(富山県)でニホンライチョウの見学会を行います。実施時期は5月中旬~下旬を想定しています。詳しい日程は後日連絡致します。立山室堂での現地集合・現地解散とします。現地までの往復交通費は自己負担とし、参加は希望者のみです。人数は1寄付4名様までです。

寄付者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月

1,000,000

ギフト#8: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+立山室堂でのライチョウ見学ツアー

ギフト#8: ギフト#2+寄付者名ガラスプレート(大)+立山室堂でのライチョウ見学ツアー

・ギフト#2をお送りします。

・ガラスプレート(200×150mm)にお名前(個人名、企業名)、寄付日、口数を表示し、園内のライチョウ舎周辺に2年間掲示いたします。 ガラスプレートは2年間の掲示後、来園される希望者の方にはお渡し出来ます。

・石原園長と立山室堂(富山県)でニホンライチョウの見学会を行います。実施時期は5月中旬~下旬を想定しています。詳しい日程は後日連絡致します。立山室堂での現地集合・現地解散とします。現地までの往復交通費は自己負担とし、参加は希望者のみです。人数は1寄付6名様までです。

寄付者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2018年3月
プロジェクトの相談をする