READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

働きたい精神障がい者が多くの人や企業と交流できるサイトを作る

櫻井正則(NPO法人LOG)

櫻井正則(NPO法人LOG)

働きたい精神障がい者が多くの人や企業と交流できるサイトを作る

支援総額

1,101,000

目標金額 1,000,000円

支援者
77人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2013年12月24日 12:08

LOGハウスという夢☆

私たちLOGの夢にはステップがあります。

 

まずはこの「READYFOR?」で頂いた皆様からの真心のご支援を、精神障がい者の方とその支援者や企業の情報のプラットホームになるホームページを作り上げることが、第1のステップ。

 

これによって、障がい当事者の皆様が何を求め、どの様な気持ちで生活しているかを、多くの一般の方や企業の皆さんに知っていただくことができます。

 

そうすることによって、精神障がい者雇用義務化の流れの中で、企業がどの様に雇用していけば良いかの参考になりますし、このホームページを通じて、実際に雇用されるような例がどんどん出てきて欲しいと願っています。

 

そして、次のステップが夢の工房「LOGハウス」を作るということです。

 

私たちの事業はインターネットを通じて、日本全国にいらっしゃる在宅で働きたいと思っている障がい者の方のワークネットを作り上げるということです。

 

1人では大変な仕事も、5人位のチームで行えば共に安心し合って業務をこなすことができる。そこにLOGの業務コーディネーターが付きますので、更に企業にとっても安心して仕事を任せられるというシステムです。

 

そのネットワークの中心拠点になる工房を自然の中、木々が生い茂げ川の音が聞こえる場所に作りたいと思っています。

 

工房内はもちろんバリアフリーで、ワークスペースと共に、一般の方への普及啓発のための音楽会や朗読ができるフリースペースを備えています。

 

それを実現することは到底不可能と思えるかもしれません。
でも、実現できると思わない限り、正に不可能となってしまいます。

 

そんな夢のようなお話に、一緒に夢を見てくださる仲間の輪が少しずつ出来上がっています。

 

そのネットワークの一つが、木の家の素晴らしさを知り尽くして、家を作られている「もくもくはうす」さんという工房です。

 

こちら → http://www.moku2house.jp/

 

社長さんをはじめ素敵なスタッフさんたちの思いに共通するのは、自然のめぐみでつくる家というテーマです。

 

LOGハウスという途方もない夢を私が語った時に、社長さんをはじめ、今回ハウスのデザイン・設計を手がけてくださる副社長さんが、口を揃えて「ぜひ実現しましょう!!」と言ってくださった時は、泣きそうになるくらい嬉しかった。

 

夢も一歩を踏み出すからこそ実現すると、そう思えた瞬間でした。

 

 

私は今回のこの皆さんと作り上げるホームページを夢の第1ステップととらえています。まずはこの目標をやり遂げなくては第2のステップへも行けないのです。

 

今回既に多くの方からの暖かいご支援を頂いています。
その真心に応えるためにも、残り僅かな締め切りとなりましたが、必ず達成して皆さんと夢の第一歩を踏み出したいと思っております。

 

どうぞ更なるご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


LOG 櫻井正則

一覧に戻る

リターン

3,000

■最初にLOGのファンになったことを示すシリアルナンバーを付したサンキューポストカード
(ポストカードの絵は障がい者の方が描いた絵です)シリアルナンバーは、法人データに保存されます。

支援者
43人
在庫数
制限なし

10,000

■サンキューポストカードの3枚セット。
■障がい者の方の描かれた絵をプリントした、ランチバックをプレゼントいたします。

支援者
19人
在庫数
制限なし

30,000

■サンキューポストカードの5枚セット。
■完成したLOGホームページにお名前(ニックネーム可)をLOGサイトの最初の協力者として、メッセージつきでご紹介。
■障がい者の方の描いた絵をプリントしたマグカップをプレゼントいたします。

支援者
11人
在庫数
制限なし

50,000

■サンキューポストカードの10枚セット
■完成したLOGホームページにお名前(ニックネーム可)をLOGサイトの最初の協力者として、メッセージつきでご紹介。または希望があれば動画で紹介。
■今後の法人のイベントなどには、今回お渡しするシリアルナンバーがあれば、全て無料にて参加可能。
■障がい者の方の描いた絵をプリントした、ランチバック
■障がい者の方の描いた絵をプリントした、マグカップをプレゼント。

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする