READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
寄附型
成立

名大生の挑戦!英語ディベート大学対抗アジア大会へ参加したい!

名大生の挑戦!英語ディベート大学対抗アジア大会へ参加したい!

寄附総額

353,000

目標金額 300,000円

寄附者
35人
募集終了日
2018年4月27日
35人 が寄附しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

終了報告を読む


2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2018年04月06日 15:15

上海で感じたこと

こんにちは、名古屋大学ESSの今井です。

早いものでプロジェクト公開から本日で3週間が経過しました。

この3週間で沢山の皆様からご支援いただき、プロジェクト達成率は70%になっております。

残り3週間でも積極的に情報発信をしていきたいです。

 

さて、表題の件ですが、私は先週の3月29日から4月3日まで中国、上海で開催されていたShanghai International Debate Open(通称SIDO)2018という大会に、名古屋工業大学3年生の川井孔貴君と参加していました。

この大会は、オープン大会と呼ばれ、大学代表チームだけでなく、大学の垣根を越えたチームや、社会人や高校生も参加できるものとなっております。

今年はなんと過去最大の188チームの参加となりました。

また、SIDO2018は参加人数の規模のみならず、世界大会で予選を突破した経歴を持つような方々を審査員として招待しており、質の高いアドバイスをもらえます。

このような格好の機会が、大学の授業などと被らない春休みに開催されたので、今回は普段から合同で練習している名古屋工業大学の川井君に、私から声をかけて参加することにしました。

 

予選は二日にかけて6試合行われました。

芸術作品の販売や展示の匿名化や北大西洋条約機構による旧ソ連地域への支援の停止など、難しい論題も多く苦しい予選となりました。しかし、結果として22位で予選し、決勝トーナメントに進出することができました。

 

大会看板とともに表彰状を持ちながら

大会3日目の決勝トーナメント初戦で、残念ながら僅差で敗退してしまいましたが、私がこれまで培ってきたディベートのスキルが国際的な大舞台でも十分通用することを改めて確認できました。

また、一緒に参加してくれた川井君も今回の大会を通じて、ディベートの面白さ、奥深さを再発見してくれて、私も嬉しく思います。

それと同時に、今回のプロジェクトを成功させて、同じように有意義な体験を名大の後輩達にも味わってほしいと強く思いました。

残り3週間ですが、皆様のご支援よろしくお願いします。

一覧に戻る

ギフト

3,000

alt

サンクスメールコース

●寄附領収書
●アジア大会に参加したメンバーからお礼のお手紙をお送りします。

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

5,000

alt

ポストカードセット

●寄附領収書
●感謝の気持ちを現地のポストカードでお送りします!

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

10,000

alt

ビデオメッセージをお送りします!

●寄附領収書
●感謝の気持ちを現地のポストカードでお送りします!
●現地でビデオメッセージを撮影し、データをお送りします。

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

30,000

alt

報告会にご招待します!

●寄附領収書
●感謝の気持ちを現地のポストカードでお送りします!
●現地でビデオメッセージを撮影し、データをお送りします。
●帰国後の報告会にご招待いたします!
(報告会の日程・場所については、クラウドファンディング終了後に調整させていただきます。会場までの交通費はご負担くださいませ。報告会にご参加いただくことができない場合は、報告書をお送りいたします。)

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

50,000

alt

スペシャル応援コース

●寄附領収書
●感謝の気持ちを現地のポストカードでお送りします!
●現地でビデオメッセージを撮影し、データをお送りします。
●帰国後の報告会にご招待いたします!
※寄附いただいた金額の多くが今回の活動に活用されるコースになります。
(報告会の日程・場所については、クラウドファンディング終了後に調整させていただきます。会場までの交通費はご負担くださいませ。報告会にご参加いただくことができない場合は、報告書をお送りいたします。)

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

プロジェクトの相談をする