1月末のこと。
親戚のおばさんが「昼に廊下が暗いのをずっと気にしている」というものだから、民事再生法の適用を申請する直前のスカイマークに乗り東京に行きました。

午前中だけ、やたら雪が降りとても綺麗でした。

 

そんな中、しばらく出番のなかった太陽電池たちをベランダに据えて

 

エアコン配管の横から家に線を引っ張り

 

LEDに直結です。なんとシンプル。
実はこれは壊れるところが無くて、10年は余裕で使えます。
 

昼でも常に暗いところって、こういう感じに明るくすると足元の頼りなさがなくなって結構良さそうです。スイッチON,OFFのストレスも減ります。

雪の日にもそれなりに明るかったのだけど、その後晴れの日に「とても明るいよ!」と喜んだ感じでメールが届きました。
やはり、楽しんでいただけるのが一番です。

 

 

ほのかな明るさも、ぬくみねっとの今後の取り組みになるかもしれません。



 

新着情報一覧へ