こんにちは!

プロジェクト開始から2日目にして3名の方々からの応援をいただくことができました。

弱気になりがちな資金集めですが、そのたび勇気と元気をいただいています。

本当にありがとうございます。

 

今まで続けてきた活動同様に、最後までできる限りがんばりますので、どうぞよろしくお願いします!

 

さて、今日は「おばちゃんのきもちプロジェクト 2014クリスマス便」についてお話ししたいと思います。

 

私たちの活動は被災地のこどもたちに「レッスンバッグに入った文具セットを贈る」ことを目的として2011年4月10日にスタートしました。

そのときご縁ができた保育園などに、たくさんのおばちゃんパワーをいただきながら、折々に必要なものなどをお届けすることが今も活動のメインです。

 

こどもたちと言えば、クリスマスは外せない年中行事のひとつですよね。

ということで、「おばきも」でもとても大切な企画となっています。

そのクリスマス便も今年で4回目。

 

クリスマス便の大きな柱は

・こどもたちひとりひとりに年齢に合わせたプレゼントを贈る

・保育園などにクリスマス気分を盛り上げるリースやオーナメントを贈る

です。

 

多くは全国のご支援者が送ってくださる手作り品やご購入品です。

(昨日ここで書きましたが不足分は自己資金で補います。)

それを各園向けに仕分けたり、こどもたち向けのプレゼントを包装してお届けするのが我が家が担うすてきな使命なんです。

 

2013クリスマス便 山田町山田第一保育所 お届けのようす

(2013クリスマス便 山田町山田第一保育所 お届けのようす)

 

今年は17の幼稚園、保育園、児童館、学童クラブに加え、震災遺児のつどい、陸前高田の仮設住宅などのこどもたち1,200人にこのプレゼントを届けたいと思っています。

 

サンタさんからプレゼントを受け取るときのこどもたちのキラキラの瞳。

「ありがとうございます」と言ってくれるときの元気な声。

サンタさんを見ただけで泣いちゃう子。

ひとりひとり抱きしめて頬ずりしたくなるようなかわいさなんです^^

 

その役目を私たちに任せてくださることに感謝します。

今年最後のあったか~いきもちを、どうぞ私たちにお寄せください。

よろしくお願いします!

 

新着情報一覧へ