C4bf20caab8bbfba73ccaa7c52603aaceab6c2ca


最後は中村さん。中村さんが、かなごて勉強会を作ったからこそ、おひるねみかんプロジェクトが出来たといっても過言ではありません。また、国のプロジェクトに参加し再生エネルギーをいかした地域づくりに私を引っ張りこんだ張本人なのです。中村さんに出会わなければ、今の自分の活動はなかったかも?では、どうぞ。

皆様こんにちは。プロジェクトメンバーの中村壯一郎と申します。

私は、今から15年程前に都内在勤のまま、箱根の温泉目当てに小田原に住み始めて、もともとは関西出身ですが、10年ほど前に両親も関西から呼び寄せ、家も建て、お墓を受け入れてくれるお寺も見つけて完全移住をしました。最初の数年間は、地域の人達とも交わらず一人でこの地域を楽しんでいましたが、ふとしたきっかけで、志を持った地域の様々な業種の方々と出会うことができ、その出会いを通じて、更にこの地域の素晴らしさが見えてきてすっかり虜になってしまいました。

5年ほど前から、この地域の中でも特に御殿場線沿線の魅力をもっと地域内外の方々に知っていただき、この沿線地域にあふれる資源の再発見と保全のために何かできないかと御殿場線の駅前商店街や、旧東海道線の遺構を辿るツアーを企画したり、御殿場線沿線に残る酒蔵について学ぶ機会を設けたりするなどの活動を行ってきました。そして、これまでの活動を通じで出会った皆さんとおひるねみかんプロジェクトを立ち上げることとなりました。

私は、志を持った様々な人々が関係性をもつことによる力のすごさというものを、これまでの地域での活動の中で強く感じてきました。是非皆様の志を私たちと共有させていただき、小田原のみかん文化そして御殿場線沿線の伝統の酒蔵を守り、発展させるため、クラウドファンディングの締め切りまであとわずかとなりましたが、皆様のお力を是非お借りできればと思います。
新着情報一覧へ