日本弁護士連合会 機関雑誌『自由と正義』2017年Vol.68 No.8[8月号]に、
包括外部監査制度 ~弁護士の視点で行う監査の意義~が掲載されています。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/booklet/year/2017/2017_8.html

 

全国市民オンブズマン連絡会議が作成した「包括外部監査の通信簿」についても触れられています。
関心のある方は読んでみてください。(弁護士に問い合わせるか、大きな図書館にあります。)
--------
日本弁護士連合会『自由と正義』2017年Vol.68 No.8[8月号]

特集  包括外部監査制度 ~弁護士の視点で行う監査の意義~
 包括外部監査の概要と現状~包括外部監査に弁護士が関わる意義~ 伊藤 倫文
 包括外部監査人就任に向けた大阪弁護士会の取組                 井上 圭吾
 包括外部監査人経験者による実例報告
  I テーマの選定は包括外部監査の生命線!(岡山市)           小林 裕彦
  II 弁護士業務の基本に通じる包括外部監査(神奈川県)        橋本 吉行
  III 弁護士の強みを活かす(岐阜市)                         芝    英則
  IV 包括外部監査における弁護士と公認会計士の協働について(群馬県)
                                                  竹原 正貴/村越 芳美
  V 補助者の役割と魅力(福岡市)                 服部 博之/渡部 有紀

----------
全国市民オンブズマン連絡会議 包括外部監査の通信簿
https://www.ombudsman.jp/houkatsu

 

新着情報一覧へ