こんにちは。

絵本「町をまもった龍木」の作者の松田春花です。

私が所属するアートによる被災地支援チーム「OMODOC」では、龍木プロジェクト以外にも様々な活動を行っています.

今回は「みんなでつなげるアニメーション」をご紹介いたします。

活動を行うにあたり、始めの1ヶ月間は徹底してメディア調査や現地視察を行ないました。そして、「温度差」というキーワードを何度も耳にしました。

被災地と被災地外の温度差、同じ被災地でも被害の大きさによる温度差、日本全体が一丸となって復興へ向かわなければならないときに、みんなの気持ちがバラバラになりつつある。みんなの心をつなげたいと思い、このワークショップを考えました。

学生が制作した白黒アニメーションの線画に、みなさんに自由に色を塗ってもらい、それをつなげてアニメーションにしていきました。

被災地宮城県から九州の福岡まで、様々な場所で開催し、約300人の方から1200枚にわたるアニメーションを制作していただきました。

ぜひご覧ください。

みんなでつなげるアニメーションはち - YouTube

 

anime_tsunageru

新着情報一覧へ