クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ドキュメンタリーで福島に生きる人達と「津波の記憶」を伝えたい

笠井千晶

笠井千晶

ドキュメンタリーで福島に生きる人達と「津波の記憶」を伝えたい
支援総額
2,360,000

目標 1,200,000円

支援者
152人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
19お気に入り登録19人がお気に入りしています

19お気に入り登録19人がお気に入りしています
2015年10月26日 18:49

【福島沿岸部の記憶4】4歳の目に映る震災(2015.10.26.)

土埃を上げて、大型トラックがひっきりなしに行き交う場所。
海の方に目をやると、震災復興の護岸工事が、4年後のいま、急速に進んでいることが分かります。
津波に見舞われる以前、ここには家々が立ち並び、田畑が広がり、
道端で近所の人が挨拶を交わしているような
のどかな町の風景があったのでしょう。
いまは水平線まで見通せるようになった平地に、風が吹きぬけます。

 

そんな場所が、いつものお散歩コースになっている
福島県南相馬市に暮らす上野倖吏生(うえの・さりい)ちゃん4歳。

 

 

この日も、ご機嫌で歌ったり、踊ったり、
元気に歩きます。

この地に刻まれた「悲しみの記憶」とは、無関係にー。

全ては、倖吏生ちゃんが生まれる前に起こった出来事です。

 

 


< 2015年10月3日 福島県南相馬市での取材より>
10月3日。
「ちぃちゃん。きょうは運動会、見にきてくれて、ありがとね。」
お散歩中の倖吏生ちゃんが、急に私に向かって言いました。
大人になったんだなあと、なんだかしみじみ。
 

倖吏生ちゃんと、私が初めて会ったのは
震災から丸2年が過ぎた、2013年3月。
上野さん一家が、被災した自宅の隣に新しい家を建て、
引っ越しして来た時のことです。

 

 

震災後の悲しみの中、2011年9月に生まれた倖吏生ちゃん。
本当は、お姉ちゃんとお兄ちゃんがいました。
津波によって亡くなった姉・永吏可ちゃん(当時8歳)と行方不明の兄・倖太郎くん(当時3歳)です。
父・敬幸さんと母・貴保さんとで考えた妹の名前が「倖吏生」。
お兄ちゃんの「倖」とお姉ちゃんの「吏」を取って「生」という字を添えました。
 

 

「二人の分まで、という訳ではないけれど、倖吏生には、ただ生きて欲しい。とにかく、生きてさえいてくれればいい。」
— 父・敬幸さんの想いです。

 

当時、まだ1歳だった倖吏生ちゃんは4歳になり、
この春からは幼稚園に通い始めました。
この日のお散歩前には、朝から幼稚園の運動会がありました。
父・上野敬幸さんが代表を務める「福興浜団」のお手伝いに、毎週末やってくるボランティアの皆さんが、倖吏生ちゃんの応援団。
運動会を、みんなで見に行っていました。私も、その一人。
 

 

わがままだけど、底抜けに明るく、無邪気に笑う倖吏生ちゃん。その成長する姿は、家族を亡くした悲しみを背負い、笑うことが出来なかった父・敬幸さんが笑顔を取り戻していく過程で、とても大きな存在だったように感じます。
亡くなった2人の子ども達のことを想いながら、一方で成長していく倖吏生ちゃんがいることを、複雑な想いで見守ってきたと、上野さんは、度々カメラに向かって話してくれました。

 

 

それでも、倖吏生ちゃんと、永吏可ちゃんと、倖太郎くん。震災後の3人の歩みは、いつも一緒だったように見えます。

去年4月には、小学校入学を迎えるはずだった倖太郎くんのために、ランドセルと遺影を持って、記念写真を撮りました。
今年3月には、小学校卒業を迎えるはずだった永吏可ちゃんのために、小学校に卒業証書を貰いにいきました。

ー そこには、いつも倖吏生ちゃんの笑顔がありました。

 

 

 

「パパは、亡くなった二人の方が可愛いと思ってる。倖吏生よりも。
その事を、倖吏生が分かる歳になったら、どう思うのかなー。」
— 母・貴保(きほ)さんの想いです。

 

 

「帰ってこーい。帰ってこーい。帰ってこーい!!」
行方不明の兄・倖太郎くんの、遺骨の入っていない骨壷。その包みを撫でながら、倖吏生ちゃんが呼びかけます。
骨壷を抱くのは、貴保さんです。

 

震災当時は、倖吏生ちゃんを妊娠中だった貴保さん。
原発事故が起きた時、放射能の恐れから「赤ちゃんを守るために」と、一度は南相馬市を離れました。その間に、遺体が見つかった長女・永吏可ちゃんの火葬が行われ、その場に立ち会うことが出来ませんでした。
当時は、ガソリンが手に入らず、茨城から南相馬まで車でわずか4時間ほどの距離を戻ることが出来なかったのです。

 


しばらくして南相馬に戻り、9月には倖吏生ちゃんを出産。その後は、倖吏生ちゃんの子育てに追われてきました。

実は震災前、赤ちゃんが生まれることを知り、「女の子だったらいいな。」と、誰よりも楽しみにしていたのは、長女・永吏可ちゃんだったといいます。

4歳になる倖吏生ちゃんに向き合う役目は、夫・敬幸さんの分まで、貴保さんが担ってきました。

 


 

 

そして、去年。

倖吏生ちゃんは、震災当時3歳だった兄・倖太郎くんの年齢を超えました。

入園間際に行方不明になったため、お兄ちゃんは通うことが出来なかった幼稚園に、いま通っています。その肩には、お兄ちゃんのバッグをかけてー。
そして4年半後には、今度は、お姉ちゃんを追い越す時がやってきます。

 

 

当の、倖吏生ちゃん本人は、どう思っているのでしょう?
お散歩中、時々ふいに、お兄ちゃんとお姉ちゃんのことを話し始めます。

この日は、道路脇の側溝に向かって、突然身を乗り出したかと思うと、大声で呼びかけました。

「お水さーん!永吏可ちゃんと倖ちゃんは、いますかー?」
 

 

目の前には、流れる側溝の水。倖吏生ちゃんは続けます。
「ここが海なの。海のお水。」
(笠井 :「永吏可ちゃんと、倖ちゃんがいるのかな?」)
「うん。骨んなって、もっと下にいる。あそこへ行ったの。」

 

倖吏生ちゃんが指さす方向には、水平線が見えます。側溝の流れの先には、確かに海が広がっています。
その海岸から、こちらに向かって、ひっきりなしに出入りする大型トラックの列。私と倖吏生ちゃんの二人が歩く、すぐ真横をビュンビュンと走り去って行きます。
 

 

こうした護岸工事が進んだために、実は、海岸線で行方不明者の捜索をすることが出来なくなっていました。そんな事など、工事関係者の方達は知る由もないのだろうと思いながら、その様子を倖吏生ちゃんと一緒に眺めます。

 

ー どうして、自分の家の周りには他に家がないのか?

ー どうして毎日、こんなにトラックがたくさん走っているのか?

そんな風景を目にしながら育つ倖吏生ちゃんは、何を感じているのでしょうか。

そして、一度も出会うことなく、海に連れて行かれてしまったお兄ちゃんとお姉ちゃんを、4歳なりに想っているのです。
 

 

 

震災から4年半。

解体されずに残る、被災した上野さんの古い自宅の前で、いつものように小さな手を合わせます。お父さんやお母さんがやっているのを見ていて、自分一人でも出来るようになりました。
天国のお兄ちゃん、お姉ちゃんに、心の中で、何を語りかけているのかな?
「倖吏生ちゃん。また、今度お話ししてね!」

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

068b5224ffb0c9d18f61ab90acbecd363138f919

【最新の取材情報お届けコース】

・お礼メール
・最新の福島取材と制作状況の情報提供

支援者
62人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年1月

10,000円(税込)

8fdcc11cbc05811e9aa7f848c1c9b792436050de

【上映会へご招待コース】

3000円の引換券に加え
・上映会へのペア招待状
・「福島の津波」を伝えるメッセージカード

支援者
50人
在庫数
15
発送予定
2016年1月

30,000円(税込)

80c705f777bcfb80104d39a276f0038b9b94164b

【DVDお届けコース】

10,000円の引換券に加え
・エンドロールへの名前掲載
・完成したドキュメンタリーDVD
・福島の復興支援団体「福興浜団」タオル

支援者
19人
在庫数
完売
発送予定
2016年5月

30,000円(税込)

48b8405338b3836b8acb20d81e3a0262e1674b1e

【菜種油お届けコース】

1万円の引換券に加え
・エンドロールの名前掲載
・完成したドキュメンタリーDVD
・福島県南相馬の菜の花畑生まれ、菜種油『油菜ちゃん』270g

支援者
17人
在庫数
2
発送予定
2016年5月

30,000円(税込)

C21adf79bd27be49e708833f37163baa51326b7d

【11月27日 追加コース!】

1万円の引換券に加え
・エンドロールの名前掲載
・完成したドキュメンタリーDVD
・福島県南相馬の菜の花畑生まれ、マヨネーズ『油菜ちゃんマヨ』170g入り、1個

支援者
1人
在庫数
19
発送予定
2016年5月

100,000円(税込)

5bbcb6263269f40315e7346358be499c00c1d1f4

【あなたの街で上映会コース】

30,000円の引換券に加え
・完成したドキュメンタリーの上映会開催権
・福島の復興支援団体「福興浜団」Tシャツ

支援者
4人
在庫数
1
発送予定
2016年5月

プロジェクトの相談をする