《プロジェクトをご支援くださった皆様へ》

 皆さま、大変ご無沙汰しております。昨年より公開中のプロジェクト「ドキュメンタリーで福島に生きる人達と「津波の記憶」を伝えたい」、実行者で映像制作を担当しております、ディレクターの笠井千晶です。

 昨年9月末の「ReadyFor?」プロジェクト公開以来、多くの皆様にご支援を頂き、現在作品の完成を目指し、活動を継続させて頂いております。

 

       福島県南相馬市の津波被災地にて(2015年5月撮影)

 

 この度、今回の作品制作に必要となる福島での取材に関しまして、残り数人の追加インタビューを除き、主な部分の撮影をほぼ終了致しました。いよいよ今後は、映像の構成・編集作業に本格的に取り組むことになります。

 そこで、現在の状況と、編集から作品完成までのスケジュールについて、皆様にご報告させて頂きます。

 

《1》プロジェクトの実行状況

300時間」の記録と向き合う

 2011年より足を運んでおります東北・福島ですが、現在も毎月通い続けております。今回の長編ドキュメンタリーの制作は、これまでに撮影した300時間という、膨大な量の映像を使用して行います。現在は、まず全ての映像の内容を確認・整理する作業から始めております。


                     笠井の作業風景             5年間の撮影に使用したカメラ

 

 福島に初めて足を運んだ2011年より、人との出会いと関わりの中で記録してきた映像。静岡・名古屋から福島へ毎月、電車・夜行バス・レンタカーを乗り継ぎ10数時間かけて足を運び、少しずつ撮りためた大切な映像です。

その一つ一つを丁寧に見返し、改めてこの5年を想いながら“伝えるべきメッセージ”をどのように表現しようかと、悩み試行錯誤する毎日です。

 

福島との関わり

《現地訪問と撮影》ただし今回のプロジェクトをもって、私の福島での映像記録の活動そのものが終了する訳ではありません。作品制作と並行して、現在も、そしてこれから先も福島に足を運び、できる限り記録を続けていくつもりです。

 

      

 

《上映活動》一方で私は今回の長編映像とは別に、既に何本か、震災後の東北に関する短編ドキュメンタリーを制作してきました。その上映会と講演イベントにつきましても、多くの方より開催のご依頼を頂いており、非常にありがたい限りです。

 

     上映会トークイベントの様子(2015年10月/福島県いわき市にて)

 

 長編ドキュメンタリーの制作に集中したい一方で、そういった現地訪問や上映会の開催も、私にとっては大切な活動です。一つは、東北・福島の現状について、自分自身が目を向け続け、現地の実情に接し続けること。さらに、制作中の長編映像に関しても情報発信し、より多くの方に知って頂くことに繋がるからです。

 

今後のスケジュール

 そのような中、長編ドキュメンタリーの制作のみに専念するという環境が中々作れない状況があります。私の場合、テレビ局や映画制作チームのように、複数のスタッフによるサポート体制が整った中ではなく、制作に関する部分は基本的に全て自分自身で進めております。制作の過程で、様々な専門分野の方に関わって頂く場合にも、一人一人丁寧に、企画の趣旨を理解して頂きながら進めております。

 

    

 

 その結果、企画から打ち合わせ、そして実際の作業に至るまで、常に自分自身で目を配りながら進めなければならず、予想以上に時間がかかっております。過去のテレビ局時代の経験のようには、予定通り進まないことも多く、もどかしい部分も多々ございます。

 

 こうした現状を、ご支援いただく皆様にもご理解頂き、完成時期を少しだけ延期させて頂くことを、ご了解いただけますようお願い申し上げます。以下、現状での制作スケジュールをお知らせ致します。

 

《2016年 制作スケジュール》

7月/映像の確認、及びナンバリング作業

8月/ストーリー構成、及び荒編集

9月/本編集開始

8月末〜9月/音効・音楽制作の打ち合わせ

10月/編集直し、及び仕上げ

11月初旬/MA作業&完成

11月/DVD制作、及び、お披露目上映会の企画

    →※ご支援のリターン・DVD発送

12月以降/全国各地での上映スタート

 

《2》今後の情報発信

 制作スケジュールの過程においては、完成までの近況報告を、「ReadyFor?」新着情報にて、できる限り定期的に発信して参ります。その他、情報発信のためのWebサイト等も準備中ですので、公開の際にはご案内させて頂きます。

 この度のプロジェクト実行にあたっては、何よりも、取材・撮影にご協力くださった当事者の皆様の想いを、しっかりとお伝えできる作品を完成させることを優先したいと考えております。事務局の五條ともども、引き続きプロジェクト完了を目指し努力して参ります。ご支援いただいた皆様には、少しだけ辛抱強くお待ち頂けますよう、ご協力と引き続きのご支援をお願い致します。

 

           「ReadyFor?」プロジェクト実行者/笠井千晶

                      (映像制作ディレクター)

 

新着情報一覧へ