いつも「想い願うプロジェクト」へのご支援をありがとうございます。

事務局の五條です。

プロジェクト開始から1年近くを経て、この程、ようやくドキュメンタリー映画のタイトルを「Life」と決定致しましたことを、ご報告させて頂きます。

 

 

「Life」には、様々な意味があります。
生命、暮らし、人生、 …。このドキュメンタリーは、まさにそんな「生きること」そのものがテーマです。
ー「大切な人の "命" が突然奪われた時、遺された自分はどんな "生き方" を選ぶのか?」

 

タイトル決定とともにドキュメンタリー映画「Life」のFacebookの特設ページも開設いたしました。

題字やイラストは、南相馬の浜を吹く風をイメージしています。

やわらかく浜を包む風は、この地に寄り添い続けた制作者の視点を表しているかのようです。ぜひご覧ください。

また、「いいね!」やシェア等ご協力いただけると幸いです。

 

 

《ドキュメンタリー映画「Life」制作/映像ディレクター笠井千晶より》

2011年から始まった撮影は、今年丸5年を迎えました。行きつ戻りつの日々の中、たとえゆっくりでも前に進んでいく人たちと同じ歩調で、このドキュメンタリーは記録されています。

津波で失われた「生命(いのち)」を想い続ける家族と、生と死の現実を描いたドキュメンタリー映画「Life」。

2016年12月末の完成を目指し、今後も情報発信して参ります。

どうぞご期待ください。

 

新着情報一覧へ