READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

55匹の命を繋ぐため緊急でシェルターの増築を!

OneforMee@丹波 足立真紀(海豆🌱)

OneforMee@丹波 足立真紀(海豆🌱)

55匹の命を繋ぐため緊急でシェルターの増築を!
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月13日(月)午後11:00までです。

支援総額

1,427,000

NEXT GOAL 5,000,000円 (第一目標金額 1,000,000円)

142%
支援者
139人
残り
19日

応援コメント
ろく
ろく5時間前少しでも助けになれば。 応援してます!少しでも助けになれば。 応援してます!
sue
sue12時間前保護猫活動ご苦労様です。大変な毎日でしょうが、どうかお身体を大切になさって下さい。微力ながら協力させて頂きます。保護猫活動ご苦労様です。大変な毎日でしょうが、どうかお身体を大切になさって下さい。微力ながら協力させて頂きます。
メグにゃん
メグにゃん12時間前日々の活動大変ですね。 応援してます、負けずに頑張ってくださいね。日々の活動大変ですね。 応援してます、負けずに頑張ってくださいね。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月13日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

第一目標達成のお礼とネクストゴールについて

~500万円を目指します~

 

4月15日よりスタートした本クラウドファンディングですが、23日目に第一目標金額である100万円を達成いたしました。ご支援してくださいました皆さまに心より感謝申し上げます。

 

クラウドファンディングが成立しなければ、保護部屋の増築を自己資金だけで実行するのは到底無理で断念せざるを得ませんでした。クラウドファンディングに挑戦する時は、皆さまにどれくらい応援していただけるか正直不安でいっぱいでしたので、最初のゴール設定は低く定め100万円といたしました。

 

今回、最初の100万円を達成したことで、All or Nothing 方式から All-in 方式に変わりました。これにより、最終目標の500万円に達成しなくとも皆さまの温かいご支援を受け取り保護部屋の増築に充てることが確実にできる事になります。

 

皆さまからのたくさんのご支援のおかげで第一目標をクリアさせていただけたこと心から嬉しく思っております。コメントやメッセージで、小さな命に対する想いに共感してくださるお言葉や、応援していますといった励ましのコメントをいただく度に、たくさんの方に支えられて今、目標に向かって取り組めていることを改めて実感しています。本当にありがとうございました。

 

そして現在、保護部屋の増築の実現に向けて着々と準備が進む中で、ネクストゴールを設置させていただくことといたしました。次の目標金額は500万円です。

 

ネクストゴールでいただいたご支援金については、もともとのプロジェクトの中であげておりました通り引き続き保護部屋増築のための工事費用として大切に活用させていただきます。

 

仮にネクストゴールの金額を達成できなかった場合も、自己資金を元に見積もりにできる限り近い形で実施させていただく予定ですが、皆様からの多くのご支援をいただけますと幸いです。

 

ずっとのお家がみつからない子たちにも、生涯安心してストレスなくのびのびと暮らせる環境を整えてやりたいと思います。

 

皆さまからの想いを無駄にしないよう努めてまいりますので、残りの期間、引き続きのご支援のご協力、そして、拡散・広報のご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

 

2022年5月9日追記

One for Mee@丹波 代表 足立真紀

 

 

 

【注意】ページには、一部猫が怪我をしている画像や治療中の画像等センシティブな内容が含まれております。

 

自己紹介

 

はじめまして。兵庫県丹波市で保護猫活動・地域猫活動をしております「OneforMee@丹波」代表の足立真紀と申します。

 

2013年から個人で活動を始め、今までに約160匹を保護、約580匹をTNR(TNR:Trap-Neuter-Return: 野良猫を捕獲、避妊し元いた場所に戻す)してきました。

 

また請願書や署名活動を展開し、丹波市にも 飼い主のいない猫の不妊手術にかかる費用の助成制度の設立に尽力し、市内での制度を確立させるのに成功しました。活動内容の詳細は以下のリンク内に明記、少し下にも新聞に取り上げられた活動のURLを表示しておりますのでご覧ください。

 

活動内容の詳細

 

ホームページ:https://linktr.ee/kaihanamame

 =>活動履歴参照:http://kurumiweb.xsrv.jp/oneformee@tamba/history.html

インスタグラム:https://www.instagram.com/kaihanamame/

 

仔猫の保護から始まり、飼い主のいない猫たちへの不妊手術、TNRを中心に今まで活動しております。


その中で①自活できない仔猫、⓶病気や怪我をしている子たち、⓷人によく慣れている子たちは、危険な人間に捕まり虐待の恐れがあったり、そのままにしておくと危険なため保護しています。

 

そして不妊手術、ワクチン、ウイルスチェック、内部外部寄生虫駆除等必要な医療に掛け、人間との生活に慣らした後は、里親さん探しをおこなっております。妊娠している子達はできるだけ堕胎せず、出産して仔猫を育て上げたあとで、不妊手術をし母子ともに里親さんに繋げる努力をしています。

 

兵庫県丹波市という地域がら、高齢者が多く、独居老人が寂しさを紛らわすために無責任な餌付けをし猫を増やしてしまうケースも多く、手術の呼びかけや説得等にも尽力しています。多くの場合、「自分のねこではない」「エサなんてあげていない」とツッパなされる場合が多く、その場合はすべて自分で捻出した資金で不妊手術に着手しています。

 

 *自宅にて保護している子達

 

過酷な環境におかれ、飢えや病気(虐待を含む)に苦しんでいる外猫達を保護し、不妊手術や病気・ケガの治療等必要な医療に掛け、健康になったら里親探しという形で、現在、自宅他数カ所に37匹の保護猫と、屋外の2地域で地域猫としてお世話している18匹、合計55匹のお世話を毎日ほぼ一人でしています。

 

元気な子を保護した場合は、医療に掛けお世話しながら里親さん探しをすればいいのですが、中には事故に遭って手術やその後の介護が必要な子、虐待されひどい怪我を負った子、癌などの重い病気で治療や介助が必要な子もこれまでに何匹も保護してきました。

 

これまでの活動状況(一部抜粋)

 

【注意】この箇所は酷く怪我をしている画像や治療中の画像が含まれております。センシティブな方は、この部分を飛ばしてお読み下さい。

 

老人宅崩壊

(家主の許可を得て掲載しております。)

 

*一人暮らしのご老人が餌付けし増えた猫たち。様子を見に行くと当人が病院に入院され、2週間飲まず食わずでお腹を空かせた猫達が放置されている状態でした。

 

 

*この子は 交通事故に遭い、顔から血を流して大きな声で鳴いているところを近所の方から通報があり保護しました。

 

2日間、意識不明で安楽死も視野に入れるよう獣医さんから言われましたが3日目に意識が回復しお家に連れて帰ることが出来ました。両目とも潰れ目の見えない状態での生活でしたが、環境にも慣れ余生は幸せに暮らしてくれました。

 

 

injured cat2

*この子は、心ない人に虐待され、しっぽの付け根あたりがちぎれており、骨盤、大腿骨共に骨折していました。

 

地元の病院ではお手上げで3時間かけてスーパードクターのところに連れて行き手術もしていただきましたが助けてあげることが出来ませんでした。とても悔しく虐待した人間が憎くて仕方ありませんでした。

 

 

injured cat3

*この子は眼球内に腫瘍ができ毎日膿が溢れてくる状態でした。

この子の年齢や性格も踏まえ、完治の可能性の低い手術は控え、最期を穏やかに過ごせるように看取りました。

 

 

私の活動は、神戸新聞や丹波新聞にも紹介されました。

 

出所 神戸新聞:

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201912/0012996027.shtml

 

丹波新聞社様の記事からの抜粋 (丹波新聞様より許諾を得て掲載しています)

丹波新聞

 

*丹波市への 飼い主のいない猫の不妊手術にかかる費用の助成制度設立記事抜粋
https://www.city.tamba.lg.jp/uploaded/attachment/29330.pdf

丹波市議会への嘆願書

 

 

自身の貯蓄を切り崩しながら、また自分でチャリティー活動を行って資金を集めたり、活動を支援してくださる方々からの温かい支援物資やご寄付でなんとか今まで活動を続けてまいりました。

 

しかし主に一人での活動と温かいながらも小さな知合いコミュニティー内の支援では、私の時間や所得を含めて全てが右から左へと流れている状態ではないのだろうか? 私が倒れたら猫達も全て崩壊するリスクがあるのでは?と、心配した遠方の支援者の方が、クラウドファンディング にて日本全国の暖かい皆様から支援を募るのも手ではないかとアドバイスして下さいました。

 

今回は、彼女のクラウドファンディング 立ち上げ作業のおかげで、何とか初めてのクラウドファンディングで募るところまでたどり着きました。

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

今年で9年目の保護猫活動になります。活動年数が増えるにつれて、里親さんが決まらずに残ってしまう子たちが増え、現在お世話している保護猫たちが、シェルターとして使用している自宅だけに収まっておりません。

 

そのため実家やその離れ等を借りお世話をしており、猫や人間でキャパシティが限界に達し、みんな窮屈な思いをしております。家族の皆に迷惑を掛けていることや、お世話をする場所が「8箇所」に分かれているため大変な時間と労力を要しています


今回新しく保護部屋を増築することで、点在している保護部屋の猫たちを出来るだけ集約することができ、私の時間をもう少し効率的に使えます。さらには、現在お外で面倒を見ている子たちも今後何かあった時に、保護してあげられる余裕を確保しておく必要があると感じました。
 

さらなる理由として、昨年自宅から離れている保護部屋で、血栓症で命の危機に陥った子がいました。そこはWi-Fi環境がないため、監視カメラも付けられず、お世話に行ったときにしか状態を見てあげられません。最悪の場合、命を落としていたかもしれません。

 

*血栓症で下半身が麻痺し、緊急手術をしてもらいました。病院のコラムにも紹介していただきました。https://www.minamigaokaah.com/column/column_20211113_1817.html

 


上記の様な理由により、保護した皆を自分の目の届く場所で面倒をみたいという思いがさらに強くなり、今回の保護部屋増築を決意しました。

 

外猫7匹

*この子達は、妊娠したことがきっかけで兄妹全頭で神社のふもとに遺棄されました。

食べるものも全く無く、安心して過ごせる場所も無い中、母猫たちは出産し姉妹で助け合いながら懸命に仔猫たちを育てていました。地域の方から連絡を受け、全頭(10匹)を保護した時、母猫は仔猫たちにお乳を与え骨と皮だけになりながら必死で生きていました。

 

 

*雨の日も風の日も雪の日も毎日お世話に通っています。

 

 

現場の兵庫県丹波市は山間部に位置し、冬は凍てつく寒さで夜には氷点下になります。現場は山際でさらに寒さが厳しい場所にあります。

 

 

少しでも寒さをしのげるよう、ゴミでいっぱいだった現場に置き去りにされていた廃車を利用して寝床を、外猫たちのために作りました。

 

 

雨漏りがしていたので防水シートで覆い、中には発泡スチロールを利用して個室を設置しました。運転席と助手席は囲われるのが嫌な子用に温かいベッドを置いています。

 

*毎朝通ってカイロを取替えて少しでも寒さが和らぐようにしています。

 

 

お外の現場では、暑さ、寒さ、飢えなど過酷な環境でつらい思いをしている子たちがたくさんおります。

 

保護猫の命を、新しい家族に繋ぐために一生懸命活動しておりますが、現在私の自宅や実家は満員状態が続いており、保護 → お世話 → 里親さんへつなぐことが最近では困難になってきました。というのも、全ての子たちが里子に出られるわけではないからです。

 

大半の里親希望の方々は、小さな仔猫、若くて元気な子、人懐こい子、抱っこできる子を希望されます。この範疇に入る子は里親さんも見つかり、我が家のシェルターを卒業できますが、人に慣れるのに時間の掛かる子、病気持ちの子、高齢の子など里親さんが見つからない子たちは、引き続き自宅や実家のシェルターでお世話をしています。

 

*口内炎が酷くよだれがとまらず食事が採りづらくなった子。

抜歯手術により口内環境を改善させ、またもりもりとご飯が食べられるようになっています。

 

そういう子たちにとって生涯ストレスなく快適に過ごせる安住の住処となるよう保護部屋を増築し、もっと自由にもっと元気に走り回れる環境を作ってあげたいと思っています。

 

そのような理由から、この度私が営んでいる店舗の2階、倉庫として使用している部分を改装して保護部屋にするためプロジェクトを立ち上げました。

 

 

プロジェクトの内容

 

【倉庫を保護猫部屋へ改造】

現状点在している保護猫たちの保護部屋をまとめ、今お外でお世話している子たちの今後の保護も視野に入れ倉庫を猫部屋へ改修するための工事を計画しております。

 

倉庫で使用している場所なので、現在壁と屋根はスレートのみ、床は鉄板の波板のみです。そのため、夏は恐ろしく暑く、冬は凍えるほど寒いです。
 

保護部屋として使用するには、床、壁、天井にまず断熱材等の下地を入れる必要があると請負業者から言われております。それから、床や天井などの内装材を入れることになります。

 

warehouse 2

warehouse 1

 

保護部屋に改装予定の場所は建物の2階にあたり、今の建物の状態では建材の搬入が難しく、新たな入り口と外階段の設置が必要となります。

 

その理由は、現在この改修予定の場所へ行くには、自宅の勝手口からリビングを通過して行くか、お店の厨房を通り階段まで辿り着く必要があるからです。

 

そのため、大きな建材が持ち込めず新たな入り口がどうしても必要になります。


また、今後この保護部屋で里親希望者さんとのお見合いも出来るようにと考えておりますので、外階段を設置することで、どなたにも出入りして頂きやすいアクセスを確保できるようになります。

 

現在、保護が相次ぎ自宅のお部屋が満員状態のうえ、屋外でも場所が点在しているので、私の時間が足らず、譲渡会用に里親希望者さんの心を掴む魅力のある写真や、宣伝に費やす時間もない状態で、里親探しが上手くいっておりません。


お見合い用のお部屋ができる事で、自宅からケージに入れられ譲渡会会場へ移動してのお見合いが不要となります。これにより、猫たちの緊張が少しでも安らぎ、できるだけ自然な姿を里親希望者の方々にお見せする事ができれば、少しでも譲渡出来る子が増えると思います。そうすれば、また次に助けが必要な子を保護してあげられるようにもなります。

 

さらには、保護をするにも、猫同士の相性、病気やストレスを考え分けたり、適度な広さ(高さ)を保持、さらには運動不足にならないように上下運動が出来るようなステップやキャットウォークも予算が許せば付けたいと思っております。

 

*現在自宅で保護し、安心して生活している保護猫達です。

ちなみにトップ写真も、私の膝で安堵をとっている保護猫たちです。

 

 

<改造予定プラン>

レイアウト

 

出入り口から1枚壁を設けることで、脱走防止対策に配慮するとともに、隔離が必要な場合は小さい方のスペースで完全隔離できるようにしております。

外階段は図面右のドア部分に設置予定です。

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

人間の身勝手で捨てられ、厳しい環境下で生きているのに、悪い人間に傷を負わされたり命を落とされる子たちを1匹でも多く救うため、また活動を続けるためにもプロジェクトを成立するためご支援を頂きたく宜しくお願い致します。

 

<プロジェクト募集金額の内訳>

見積もりは3社に依頼し、一番良心的な価格提示された業者のもので「335万円」かかります。

 

Est 1

Est 2

 

第一目標は「100万円」を目指します。

 

ReadyFor様との契約上、最初からAll inで行うことはできず「All or Nothing」のスキームです。

 

*「All or Nothing」とは、募集期間中に目標金額に1円でも満たない場合に募金を受け取れない仕組みを言います。

 

ただ、最初の設定ハードルである100万円を越えることができれば、第2目標を設定し「All in」への取扱いと変更になるということですので、第一目標は「100万円」を目指します。

 

100万円をクリアした後は、第二そして第三目標として59日間の間に500万円に達成できると恩の字です。

 

「えっ、必要資金は335万なのにどうして500万円?」と頭の中に浮かぶと思いますが、それは以下でご説明申し上げます。

 

<クラウドファンディング で集まった金額からの実際手元に残るお金の計算>

バジェット

 

実際500万円達成しても、今までご親切に色々アドバイスしお世話頂いたREADYFOR様への相談料や支援金は贈与税対象となるので、実質手元に残って使えるのは360万円程度となります。

 

プロジェクト予定金額よりも多くの金額が集まった場合は、現在面倒を見ている55匹の猫達のフード代や医療費代に使用させて頂きます。

 

プロジェクトの活動報告は、途中経過含めその都度インスタグラム、フェイスブックやホームページにあげていく予定にしております。支援して頂いた方にも、覗いて頂けると幸甚です。

 

支援者様には報告書を本当はお送り致したいのですが、如何せん仕事しながら、毎日55匹のお世話を勤務前と後に一人で行っておりますので、別途報告書を作成し皆様に送付のための時間をコミットする事が、申し訳ございませんが確約できません。SNS上でのご確認で、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

全ての子を100%救うことは出来なくとも、多くの不運な猫達が治療を受け健康を取り戻し人間に慣れてくれることで、里親さんを見つけて余生を幸せに過ごしてもらいたい。その信念で活動を2013年3月より続けております。

 

*里親が見つかり愛情いっぱいで幸せに暮らしている猫達の様子
左:里親さん宅で幸せに暮らしている様子(里親さんより許諾を得て掲載しています)
右:里親さん宅へ出発前に家で撮った写真です。

 

 

その思いを今後も続けるため、また実現させるためにどうかみなさまのお力をお貸し頂けると大変嬉しいです。

 

たくさんの優しさや、幸せを与えてくれる動物たちを守るためにどうか皆様クラウドファンディングへご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

One for Mee@丹波

代表 足立 真紀

 

 

 


 

※動物愛護法に対する対応について

 

愛護法改正に伴う頭数規制として、現在は一人で管理できる頭数が40匹となります。この頭数というのは、シェルターとして登録している場所で保護猫として管理している頭数をさします。

 

今現在、私がお世話している頭数は55匹ですが、そのうちシェルターで保護猫としてお世話しているのは37匹で、残りの18匹は地域猫としてお外で市の登録を受けて管理している猫になります。

 

そのため、お外の子たち18匹は愛護センターのカウントには入らないため問題なく、シェルターで抱えている頭数的には問題ございません。

 

ただ、今後段階的に一人当たりの抱えられる頭数がさらに減っていき、数年後には一人で管理できる頭数が25匹になると把握しております。

 

それまでに里親さんが見つかり、管理可能な数になれば御の字ですが、無理な場合は、実家や実家の離れの子の一部お世話を手伝ってくれている母親を管理者の一人として登録し対応を考えております。

 

管理者に登録できるのは、毎日お世話に携わっている者のみということですので、サポーターさんの登録は難しく、一部の子のお世話を手伝ってくれている母親が適任だと考えました。

 

「広さ的には全く問題はない」と愛護センターの方に再度視察に来ていただき確認いただいております。シェルターの増築に関しては事前に申請が必要なため、こちらは済ませております。

 

プロジェクト実行責任者:
足立 真紀 One for Mee@丹波
プロジェクト実施完了日:
2022年6月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

倉庫に使用している場所を保護猫部屋へ改装するための工事費用、必要物資の購入など

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
All or Nothing 方式での挑戦ですので最初の目標金額を低めに設定し確実に達成したいと考えました。その後第二目標、第三目標を設定して少しでも必要金額に近づきたいと考えております。必要な金額に達しなかった場合は、借入で賄いどんなことがあっても「必ず」保護猫部屋を構築します。

プロフィール

OneforMee@丹波 足立真紀(海豆🌱)

OneforMee@丹波 足立真紀(海豆🌱)

OneforMee@丹波

リターン

3,000


リターン御不要な方向け:お気軽応援 1口 3千円ごとコース

リターン御不要な方向け:お気軽応援 1口 3千円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (3千円 X ●口で、3千, 6千, 9千円 etc と支援可能)

感謝のメールをお送りします。
*リターンに費用かからない分、手数料を除いた全額をプロジェクトの費用に充てさせて頂きます。

支援者
74人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

10,000


リターン御不要な方向け: 全力応援 1口 1万円ごとコース

リターン御不要な方向け: 全力応援 1口 1万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (1万円 X ●口で、1万, 2万, 3万円etcと支援可能)

感謝のメールをお送りします。
*リターンに費用かからない分、手数料を除いた全額をプロジェクトの費用に充てさせて頂きます。

支援者
47人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

10,000


リターンあり: 【marinoarco さんポストカード付】 1口 1万円ごとコース

リターンあり: 【marinoarco さんポストカード付】 1口 1万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (1万円 X ●口で、1万, 2万, 3万円etcと支援可能)

@marinoarco さんがこのプロジェクトのために描いて下さったポストカードとお礼状をお送りさせて頂きます。
※こちらのイラストはsample画像でお届けするものは別のイラストのポストカードになります。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

30,000


リターン御不要な方向け: 全力応援 1口 3万円ごとコース

リターン御不要な方向け: 全力応援 1口 3万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (3万円 X ●口で、3万, 6万, 9万円etcと支援可能)

感謝のメールをお送りします。
*リターンに費用かからない分、手数料を除いた全額をプロジェクトの費用に充てさせて頂きます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

30,000


リターンあり: 【mayutantan1125さんのポストカード 3枚セット付】   1口 3万円ごとコース

リターンあり: 【mayutantan1125さんのポストカード 3枚セット付】 1口 3万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (3万円 X ●口で、3万, 6万, 9万円etcと支援可能)

人気の絵手紙作家 @mayutantan1125 さんが描いて下さった絵手紙のポストカード3点セットとお礼状をお送りさせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

50,000


リターン御不要な方向け: 全力応援 1口 5万円ごとコース

リターン御不要な方向け: 全力応援 1口 5万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (5万円 X ●口で、5万, 10万, 15万円 etc と支援可能)

感謝のメールをお送りします。
*リターンに費用かからない分、手数料を除いた全額をプロジェクトの費用に充てさせて頂きます。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

100,000


リターン御不要な方向け: 全力応援コース 1口 10万円ごとコース

リターン御不要な方向け: 全力応援コース 1口 10万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (10万円 X ●口で、10万, 20万, 30万円 etc と支援可能)

感謝のメールをお送りします。
*リターンに費用かからない分、手数料を除いた全額をプロジェクトの費用に充てさせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

100,000


リターンあり: 【mayutantanさんイラストラベルのムレスナティー3点セット付】 1口 10万円ごとコース

リターンあり: 【mayutantanさんイラストラベルのムレスナティー3点セット付】 1口 10万円ごとコース

支援の口数をお支払いの時に選択下さい (10万円 X ●口で、10万, 20万, 30万円 etc と支援可能)

人気の絵手紙作家 @mayutantan1125 さんのイラストラベルのムレスナティー3点セットとお礼状をお送りさせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

プロフィール

OneforMee@丹波

あなたにおすすめのプロジェクト

築74年、木造校舎の活動拠点が老朽化。雨漏りや屋根修繕のご支援を  のトップ画像

築74年、木造校舎の活動拠点が老朽化。雨漏りや屋根修繕のご支援を 

NPO法人りょうぜん里山がっこうNPO法人りょうぜん里山がっこう

#地域文化

56%
現在
562,000円
支援者
61人
残り
23日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする