クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

須貝弥生

須貝弥生

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。
支援総額
2,910,000

目標 2,500,000円

支援者
243人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2014年02月14日 16:50

歌舞伎座ギャラリー冬の展示

お早うございます。松竹大谷図書館の須貝です。

 

2月に入ってますます寒さが厳しくなって参りました。先週末は都心でも大雪が降り、松竹大谷図書館があるビルの周りにもしばらく残雪がありました。今日も朝から芝居のような粉雪がずっと振り続いています。また積もるのでしょうか? 春が待ち遠しいこの頃ですが、今回は、歌舞伎の舞台における、冬の情景から春の訪れまでをお楽しみいただける、歌舞伎座ギャラリー冬の企画展「歌舞伎 雪景色から早春へ」のご紹介をいたします。(※場内は撮影禁止です)

 

まず、歌舞伎座ギャラリーの入口を入ると、季節の企画展示恒例の筋書(プログラム)表紙のコラージュが展示してあります。今回の【「冬、早春 百景」を描いた画家たち】では、当館所蔵の第四期歌舞伎座(昭和26年[1951]~平成22年[2010])の12~2月の冬の興行153点の筋書のなかから98点が選ばれて展示されています。

 

 

【「冬、早春 百景」を描いた画家たち】コーナー

 

ギャラリーの中に進むと、「ヤートコセの梅」と言われる約600本の梅の吊枝が、天井に飾られています。この吊枝は『梶原平三誉石切』などの舞台にも登場しますが、歌舞伎の舞台に紅白の梅が出てきたら、それは「お目出度い春」の訪れを意味するそうです。

 

今回の企画展には、歌舞伎の演出の「体験コーナー」が3つあります。
「雪籠体験処(ゆきかごたいけんどころ)」では、天井に吊るされた竹籠のひもを引っ張って揺すり、お地蔵さんのいる雪道に紙の雪を降らせることができます。お地蔵さんの辺りだけを見ていると、大変風情があるのですが、雪籠は意外に重く、大きく揺らそうとすると、かなりの重労働です。今では籠ではなくネットを使用していますが、やはり人力で雪を降らせている事には変わりないそうです。
 

雪籠体験処(ゆきかごたいけんどころ)

 

 

四角い紙の雪が降ってきます。

 

ギャラリーの奥、木挽町ホールの檜舞台では、雪音の楽太鼓と討入の陣太鼓を打つことができる体験処があります。
綿を詰めた握りこぶし程の頭を持つ雪バイと言われる撥で、ゆっくりと一定の間隔で楽太鼓を「ドン…ドン…ドン…ドン」と打つと、不思議なことに、実際にしないはずの雪の降る音が響きます。しかし、こちらも一見簡単そうですが、趣きのある雪の音を出すのはむずかしく、舞台で聞くあの雪音を再現、とはなかなかうまくいきませんでした。
 

雪音「ドン…ドン…ドン…ドン」

 

「陣太鼓体験処(じんだいこたいけんどころ)」では『仮名手本忠臣蔵』討入の場の大星由良之助になったつもりで陣太鼓を打つ事ができます。目を瞑り、撥をつかんで陣太鼓を打つと、吉良邸の様子が浮かんできて、呼子の笛や「天」「川」の合詞も響いてくるような気がします。

 

「陣太鼓体験処(じんだいこたいけんどころ)」

 

 

山鹿流の陣太鼓「ドン、ドン、ド~ン」

 

目で耳で、たっぷりお楽しみいただける今回の企画展は3月2日までです。まだご覧になってない方はどうぞお早目にお出かけください。

 

==================================================================

 

  歌舞伎座ギャラリーは本展示終了後、3/3~4/1展示入替え休館となります。
  次回展示「歌舞伎は旅する大使館」展 [前期=海外公演、その輝かしい歩み]

  は4/2~8/24開催。

 

==================================================================

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPにお名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
17人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

3,000円の引換券に加え、

■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー
 2種類1組セット
蔵出し台本「弁天娘女男白浪」&「男はつらいよ」の表紙の特製デザイン!

支援者
89人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

5,000円の引換券に加え、

■台本カバーに支援者のお名前をお入れします

※作品リストより(本文「引換券について」の台本カバーの説明のところから見られます)ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
101人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

10,000円の引換券に加え、

■「かふきのさうし」オリジナル一筆箋
■歌舞伎座ギャラリーペア招待券

支援者
26人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

30,000円の引換券に加え、

■図書館見学会にご招待
※午前(15人)/午後(15人)
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい

支援者
11人
在庫数
19

プロジェクトの相談をする