READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

須貝弥生

須貝弥生

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

支援総額

2,910,000

目標金額 2,500,000円

支援者
243人
募集終了日
2013年11月6日
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2014年06月09日 16:06

ニューズレター4月号

お早うございます。 松竹大谷図書館の武藤です。

 

公益財団法人松竹大谷図書館ニューズレター4月号を発行いたしました。
http://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/pdf/newsletter_no193.pdf

上記当館HPより、PDFファイルでご覧いただけます。


4月号では新着資料、新規登録資料の紹介のほか、

 

・「中央区まちかど展示館」に認定されました!
・閲覧室ミニ展示ご紹介「中村登」展
を掲載しております。

 

さて、ニューズレターでもご紹介しておりますが、去年平成25年9月6日に認定されました「中央区まちかど展示館」のプレートを、中央区より頂きましたので、図書館エントランスの看板に設置いたしました。

 

中央区では区内にある、地域の歴史的文化資料などを展示し、一般に公開している施設を「中央区まちかど展示館」として認定し、助成を行っています。当館で所蔵している中央区の地域資料には、中央区地域に多数あった劇場や映画館などのプログラムや外観写真などがあります。地域の人々にとって大変身近なものであったこれらの娯楽施設の中には、今はもう失われてしまった施設も多くありますが、当館の所蔵資料には、その在りし日の姿や歴史が伝わっています。

 

かつて、当館の所在地には「松竹会館」という建物がありました。松竹本社のビルでしたが、大小の映画館、ボーリング場などの娯楽施設も入っており、また当館もこの建物が落成した1956年、すでに9階で開館の準備を始め、約2年後に開館いたしました。松竹会館は1999年に閉鎖し取り壊されましたが、当館が所蔵する写真などで、設立当時やその後の姿を見ることが出来ます。

 

中央区にいらした折には、是非当館にもお気軽にお立ち寄り下さい。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPにお名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
17人
在庫数
制限なし

5,000

alt

3,000円の引換券に加え、

■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー
 2種類1組セット
蔵出し台本「弁天娘女男白浪」&「男はつらいよ」の表紙の特製デザイン!

支援者
89人
在庫数
制限なし

10,000

alt

5,000円の引換券に加え、

■台本カバーに支援者のお名前をお入れします

※作品リストより(本文「引換券について」の台本カバーの説明のところから見られます)ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
101人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10,000円の引換券に加え、

■「かふきのさうし」オリジナル一筆箋
■歌舞伎座ギャラリーペア招待券

支援者
26人
在庫数
制限なし

50,000

alt

30,000円の引換券に加え、

■図書館見学会にご招待
※午前(15人)/午後(15人)
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい

支援者
11人
在庫数
19

プロジェクトの相談をする