20日のクリスマス・パーティの写真のつづきです。

クリスマス・パーティは、レティ校長先生はじめ、先生たち、レティ先生の息子や娘や孫たち、その友人たち、みんなで準備してくれました。

国内の友人や企業からの寄付を集めて、パアラランの子どもたちや家族へのプレゼントやお昼ご飯を用意してくれました。

いまは、資金不足で給食を提供できないため(給食があると出席率がぐんとよくなります)、子どもたちは、クラスの友だちと一緒にごはんを食べるのもはじめて。

子どもたちに、みんなに大切にされているという思い出を残してあげたい、それがきっと、子どもたちの未来を励ましてくれると思います。

 

お昼ごはんのチキンとライス、とサンタクロース。

新着情報一覧へ