残り一日となりました。目標額達成して迎えることができてうれしいです。ひきつづき、あと一日、よろしくお願いいたします。

 

パアララン・パンタオの近況です。日本の大学が春休みなので、日本の学生さんたちのグループの訪問が相次いでいます。学生さんたちも学ぶことが多かったと思います。子どもたちも、日本のお兄さんお姉さんとの交流を楽しみました。きっと子どもたちの励みになったと思います。

 

この三月で一年間のクラスを終えて、多くの子どもたちが六月から地元の小学校にすすみます。

 

終業式のあと、夏休みには、パアラランの卒業生たちの一泊のキャンプ(リーダー研修)があります。先日その準備のミーティングがありました。パアララン・パンタオで基礎的な学習ができた子どもたちは、困難な状況のなかでも、自信をもって小学校に通ってくれると思います。

 

屋根修理の準備もはじめています。

そして六月から、また新しい子どもたちを迎えます。

 

子どもたちが毎日通いつづけることができるように、親たちが教育の大切さを理解してくれるように、取り組んでいきたいことはたくさんあります。

先生たちに、なんとかまともなお給料を出してあげたい。給食も再開したい。小学校にすすんだ子どもたちの学習のフォローもしてあげたい。さまざまな希望ももっています。

 

今回の屋根修理のクラウドファンディングはあと一日で終わりますが、あと一日どうかよろしくお願いいたします。

 

そして、これからも見守っていただけますよう、お願いいたします。

今回はほんとうにありがとうございました。

新着情報一覧へ